ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > ひとづくりの推進 > 大正大学地域実習成果発表会を開催しました。

大正大学地域実習成果発表会を開催しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月1日更新
平成29年度大正大学地域実習成果発表会を開催しました
開催日  平成29年10月30日(月曜日)
会 場  益田市役所 3階大会議室
参加者  42名(発表者含む)

発表する学生

成果発表する学生

山本市長の講評

山本市長の講評

会場の様子

会場の様子

 

平成29年7月20日に益田市と大正大学(東京都豊島区)は連携協力に関する協定を締結しておりますが、この協定項目の一環として、大正大学の「地域創生学部」の学生7名が、9月19日から10月31日までの約40日間、益田地区と豊川地区に入り、地域資源の掘り起こしに向けたフィールドワークを行ってきました。

この度、このフィールドワークの総括としまして、実習の成果を発表していただきました。

今回の発表では、人口流出を抑えるには子どもが地域の魅力を認識することが重要であるという観点から企画運営したイベント(10月21日益田地区で実施)の報告や益田市の課題と解決に向けた提案をしていただきました。