益田市子ども・子育て会議による児童館のあり方に関する提言について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月17日更新
 平成28年10月3日(月曜日)午後4時より市役所本館2階市長室において、益田市子ども・子育て会議の石橋俊哉(いしばしとしちか)会長、高島尊子(たかしまたかこ)副会長より、山本市長に対して『児童館のあり方に関する提言』を受けました。

 益田市子ども・子育て会議は、子ども、子育てに係る識見を持った12名の委員で構成され、平成27年3月に策定した『益田市子ども・子育て支援事業計画』の進捗管理などについて意見を聴くための機関です。
 益田・吉田・高津・飯田児童館については、指定管理者制度を導入し、平成24年度から5年間、社会福祉協議会において運営されており、今年度が最終年度を迎えます。市として今後の各児童館のあり方について検討するため、市子ども・子育て会議に対して意見を聴くこととしました。
 これを受けて、市子ども・子育て会議において、児童館あり方検討部会が設置され、現状把握や各児童館の運営委員会による意見聴取の内容などを踏まえ、部会の意見集約、市子ども・子育て会議における最終集約を経て、この度の提言がなされました。

 この度の『児童館のあり方に関する提言』を受け、今後、市として児童館のあり方における方向性を検討して参ります。
【提言時の模様】
会長より提言書を提出
説明中
協議後

益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)