各種予防接種について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

定期予防接種の種類

種類

該当者

接種回数

接種勧奨時期

B型肝炎

1歳未満
 (標準的には生後2か月~9か月未満)

3 回 : 1回目の接種後27日以上の間隔をあけて2回目を接種。
更に、1回目の接種から139日以上の間隔をあけて3回目を接種。

 

ヒブ  

生後2か月~

  5歳未満

原則初回3回、追加1回

※接種開始年齢によって接種回数が異なります。

 

小児用肺炎球菌

四種混合

(DPT-IPV)

生後3か月~

7歳6か月未満

1期初回3回:20日以上、

標準的には56日までの間隔

 

1期追加1回:初回接種終了

から1年後

1期初回終了から1年後

不活化ポリオ

(急性灰白髄炎)

生後3か月~

7歳6か月未満

初回3回:20日以上、標準的には56日までの間隔

対象者へは平成24年8月にご案内しています。

追加1回:初回接種終了から

1年後

対象者へは平成25年3月にご案内しています。

BCG(結核)

1歳未満

(標準的には生後5か月~8か月未満)

1回

 

麻しん・風しん混合(MR)

1期

1歳~2歳未満

1回

1歳の誕生日の頃

2期

小学校入学の前年度

1回

小学校入学の

前年度(4月)

水痘

1歳以上3歳未満

2回:3か月以上、標準的には6か月から12か月までの間隔

1歳の誕生日の頃

日本脳炎

1期

3歳~7歳6カ月未満

1期初回2回:6日以上、標準的には28日までの間隔

3歳の誕生日頃

1期追加1回:初回終了後、

おおむね1年後

初回終了後1年経過した月

2期

9歳~13歳未満 ※

2期1回:第1期終了後、

おおむね5年の間隔

9歳の誕生日頃

二種混合

(DT)

2期

小学6年生

1回

4月下旬

子宮頸がん  

予防ワクチン

小学校6年生~高校1年生相当の女子

(標準的には

中学1年生)

3回

未定

※接種を希望される方はお問い合わせください。

☆ 出生届を出した後に保険課または益田市立保健センター子育て支援課(EAGA2階)、美都・匹見総合支所住民福祉課で手続きを行ってください。その後、母子手帳別冊(乳幼児期の予防接種券、1か月・7か月健康診査受診票)をお送りします。


※ 子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ

 平成25年6月14日、厚生労働省が子宮頸がん予防ワクチンについて、接種後に持続的な痛みを訴える重篤な副反応が報告されていることから、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきでないと勧告を行いました。現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしません。

〈予防接種を受ける場合〉
希望すれば接種を受けれますが、接種に当たっては「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ」リーフレットを参考に、その有効性と接種による副反応がおこるリスクを十分に理解した上で、受けるようにしてください。

リーフレット「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ(平成25年6月版)」(PDF) [PDFファイル/1.35MB]

詳しくはこちらをご覧ください。

※ 日本脳炎について

 平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれの方は9歳から13歳未満までの間、1期の不足分も定期接種として接種ができるようになっています。対象者には9歳の誕生日頃に2期のご案内と一緒に子育て支援課からお知らせします。母子手帳をご確認の上、早めに接種をしてください。

 平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれの方は20歳未満までの間、接種ができるようになっています。接種を希望する方は子育て支援課にお問い合わせください。

 平成27年4月1日から無料で接種できます。現在、接種料金500円と書いてある接種券をお持ちの方は、再交付の必要はありません。お持ちの接種券を使って無料で接種できます。

 


指定医療機関


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)