外国人住民の皆さまへ~法律が変わります~

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月1日更新

外国人住民の方々の利便性の向上や市町村などの行政の合理化を図るため「住民基本台帳の一部を改正する法律」により、外国人住民にも日本人と同じく住民票が作成されることになりました。

この法律は、平成24年7月9日に施行され、同時に外国人登録法は廃止になります。

何が変わるの?(改正点)

  1. 外国人の方にも住民票が作成されます。
  2. 外国人の方も、益田市から他市町村へ住所を変更されるときは転出届が必要になります。
    日本人と同様に、転出される市町村で転出届をし、転出証明書を持って、転入先の市町村で転入の手続きをする必要があります。
    出国されるときは、国外転出の届けが必要です。
  3. 「外国人登録証明書」がなくなり、「在留カード」または「特別永住者証明書」に切り替わります。

    ◆特別永住者の方
    現在お持ちの外国人登録証明書は次回確認(切替)申請期間の日まで有効です。
    次回確認(切替)申請期間の日までに市役所窓口で「特別永住者証明書」への切替申請をしてください。
    例えば、外国人登録証明書の次回確認(切替)申請期間が「2018年8月1日から30日以内」であれば、「2018年8月1日」 までに申請してください。

    ◆永住者の方
    平成24年7月9日以降3年以内に入国管理局で「在留カード」への切替手続きが必要です。市役所窓口での手続きはできませんのでご注意ください。

    ◆上記以外の方
    平成24年7月9日以後の在留資格の変更手続き時、または在留期間の更新手続き時に入国管理局で「在留カード」に切り替わります。市役所窓口での手続きはできませんのでご注意ください。

住民票作成にあたり内容確認の文書をお送りします

現在の外国人登録原票の記載をもとに作成した内容確認の文書(仮住民票)をお送りします。(平成24年5月下旬)。

正確な住民票作成のため、確認をお願いします。

※改正法施行日に在留資格がない人(外国人登録法における在留期間の変更を市に届けていない人を含む)の住民票は作成されません。必要な方は早めに手続きをしてください。

法改正についての詳細

詳細は下記コールセンターまたはホームページでも確認できます。

法務省

新しい在留管理制度がスタート』(外部リンク、別ウィンドウで開きます)

特別永住者の制度が変わります』(外部リンク、別ウィンドウで開きます)

◆外国人在留総合インフォメーションセンター

電話 0570-013-904
    03-5796-7112(IP電話、PHSからの通話の場合)

受付時間 8時30分から17時15分(土日祝日を除く)

総務省

外国人住民に係る住民基本台帳制度について』(外部リンク、別ウィンドウで開きます)

(日本語) (English) (韓国語

※日本語、英語、韓国語の3言語に対応しています。

◆ 外国人住民基本台帳電話相談窓口(外国人住基コールセンター)

電話 0570-066-630(ナビダイヤル)
    03-6301-1337(IP電話、PHSからの通話の場合)

開設期間 平成25年3月29日金曜日まで

受付時間 8時30分から17時30分(土日祝日を除く)


益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)