マダニに咬まれないように注意しましょう!

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月18日更新

マダニは、春から秋にかけて活動が盛んであることから、森林、草むら、藪などに入る場合には十分注意することが必要です。

※マダニ : 食品等に発生するコナダニや衣類や寝具に発生するヒョウダニなどの家庭内に生息するダニとでは種類が異なります。

フタトゲチマダニの写真

フタトゲチマダニ(写真:国立感染症研究所昆虫医科学部提供)

マダニに咬まれたことにより感染する病気

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)

 SFTSウイルスを保有しているマダニに咬まれることにより感染する病気で、西日本を中心に発生が報告されており、島根県でも平成25年7月に初めて発生が確認されました。

【主な症状】 発熱、消火器症状(嘔吐、下痢等)で、重症化し、死亡することもある。

【潜伏期間】 マダニに咬まれてから6日から2週間

日本紅斑熱

 島根県では、島根半島、特に弥山山地で発生が認められています。

【主な症状】 発熱(高熱)、頭痛、関節痛、体幹部や手足の発疹。死亡することもある。

【潜伏期間】 マダニに咬まれてから2日から10日

感染しないための予防策

◆長袖、長ズボン、足を完全に覆う靴等を着用し、肌の露出を少なくしましょう。

◆地面に直接寝転んだり、腰を下ろしたりしないよう敷物を使用しましょう。

◆家に帰ったらすぐにマダニに咬まれていないか確認をしましょう。

マダニに咬まれた場合には

◆吸血中のマダニに気づいた時は、無理やり自分で引き抜かず医療機関で処理してもらってください。

◆マダニに咬まれた後に、発熱、食欲低下、嘔吐等の症状があった場合には、早めに医療機関を受診してください。

島根県啓発チラシ [PDFファイル/129KB]

ダニ媒介感染症予防啓発媒体

ダニ媒介感染症予防啓発ポスター [PDFファイル/6.43MB]

「ダニ」にご注意ください(リーフレット) [PDFファイル/778KB]


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)