益ます元気教室を開催しました(平成28年3月16日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月29日更新

平成28年3月16日(水曜日)に益田市立保健センターで3月の『益ます元気教室』を開催しました。
今回は、益田保健所の村下 伯所長を講師にお迎えし、「益ます総集編~健康的な生活習慣を身につけよう~」というテーマでご講演いただきました。また、健康増進課の担当職員から、健康ワンポイント講座として、「益ます元気教室」の1年間の振り返りを行ないました。


≪講演内容≫
◆喫煙、過度の飲酒、偏った食生活、睡眠不足などの良くない生活習慣が肥満や血圧高値、脂質異常、高血糖といった危険因子となり、がん、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病などの生活習慣病を引き起こす。
◆血圧、脂質、血糖など、ちょっと悪い状態が合わさり、長く続くと病気を引き起こす。
◆子どもにも動脈硬化が起こっている。子どもの9割に動脈硬化の初期の変化が起こっていると言われている。
◆朝食を食べないと脳の働きが悪くなり、集中力が低下し、眠くなる。その結果、やる気が起こらなかったり、だるさやイライラが起こる。
◆夜に人工の光(ゲーム、スマートフォン、コンビニ等)を浴びることは遅寝遅起きの原因となる。特にコンビニの光は強く、子どもには良くない。
◆夜遅くまで起きている生活を続けると、感情をコントロールし、元気がわいてくるもとになる「セロトニン」の量が減る。セロトニンの量が減ると、疲れやすく、イライラしやすくなる。逆に、朝早く起き、朝の光を浴びて、朝から元気だと「セロトニン」の量が増え、落ち着いてしっかり学習できる。
◆人との交流がある人はより長生きする。
◆健康づくりの3つのポイント・・・「楽しく取り組めること」「みんなで取り組めること」「継続して取り組めること」

≪参加者アンケート≫
◇多くの人との交流がある人は長生きということで、なるべく出かけて交流して行きます。
◇運動をして、健康寿命を長くしたい。
◇前向きに生きること、人と人の出会いが大事なことを学びました。
◇大変役立つお話を聞いて、聞くだけでなく実行したいと思います。
◇今日は参加できて本当に良かったです。28年度もまた続けたいと思います。
◇分かりやすいお話で勉強させていただきました。老後を前向きに生きたいです。
◇朝食をとることや分かりやすく話されて良かった。


 

教室の様子1教室の様子2教室の様子3


益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)