益ます元気教室を開催しました(平成28年8月17日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月31日更新

平成28年8月17日(水曜日)に益田市立保健センターで8月の『益ます元気教室』を開催しました。
今回は、松本医院の松本 祐二院長を講師にお迎えし、「今がチャンス!糖尿病は予防できる!~高血糖って何だろう?~」というテーマでご講演いただきました。また、健康増進課の担当職員から、「健康ワンポイント:健診後のフォロー」として、健康相談、まめな教室、各地区の健康教室などについて、情報提供をさせていただきました。


≪講演内容≫
◆世界の糖尿病患者は3億8666万人(2014年)。65歳を過ぎると、糖尿病か糖尿病が疑われる人が2人に1人と言われるほど身近な病気。
◆糖尿病は、血液中の糖が多い。(血液中の栄養が多い。)→血管壁が厚くなる。→血管内に酸素が入りにくい。その状態が続くと、細胞が壊れる。→最初に壊れるのが「目の細胞」(合併症発症)
◆糖尿病は自覚症状がほとんどなく、検査しないと分からない。症状が出てきた頃には既に進行している状態。検査を受けて調べることが大切。
日本人は遺伝的に膵臓の力が弱く、糖に弱い。インスリン分泌量が欧米人に比べて少ないが、食生活は欧米化になっている。糖分の処理が追いつかず、血糖値が上がりっぱなしの状態。
◆糖尿病は骨粗鬆症やがん、認知症になりやすいと言われている。また、心筋梗塞を起こした方の3分の1は糖尿病を持っているとも言われている。
◆薬は8割ちゃんと飲み(たまには飲み忘れがあっても大丈夫)、食事は9割真面目に食べ(月に1回くらいは好きなだけ食べても良い)、アルコールはインスリンの効きを悪くするため注意が必要。日本酒やワインは特に注意が必要。
炭水化物の摂りすぎに注意!(いも類の摂りすぎが落とし穴。いも類を食べるときはご飯の量に注意)
◆運動は、意識して運動するよりは、普段の動きで運動量を多くする方が続く。
5分の運動でも効果がある。買い物の時は遠くに駐車する。階段を使うなど。

≪参加者アンケート≫
◇松本先生のお話が楽しく、また聞くことがあれば良いなと思いました。
◇運動とか食事に気をつけていましたが、話を聞き、何となく気持ちも軽くなったように思います。
◇初めて参加したけど、すごく勉強になり、またこういう機会があれば話を聞きたい。
◇何かしら年をとっていく寂しさも感じてみたり、来てみたら友もいて少し元気になりました。
◇参加して本当に良かったと思いました。今日から実行できることから始めたいと思います。今がチャンス!頑張ります。
◇専門の先生から具体的な内容で話があったので、とても参考になり、また機会を作ってください。
◇松本先生の講演はユーモアもあり、楽しく聞くことができた。食事やスポーツの大切さは理解できた。飲酒は分かっているが毎日飲んでしまう。
◇初めて参加させていただきましたが、良いお話が聞けて本当に良かったです。次回も参加したいと思います。


 

教室の様子教室の様子2教室の様子3  


益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)