鉛管に関する疑問について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月1日更新

鉛管に関する疑問について

【問1】 

 水道水に給水管の鉛が溶け出していると新聞報道されましたが、それは本当ですか?また、健康に支障はないのですか?

【答1】

 鉛管を使用している給水管では、わずかではありますが、鉛が溶け出しています。この場合においても、通常は水質基準を満たしていますので、健康上の問題はありません。

【問2】

 何か気をつけることがありますか?

【答2】

 給水管に鉛管が使用されている場合、長時間、水が滞留していると、水質基準を一時的に超える場合があります。朝一番の水を使用するときや旅行などで長期間、水を使用しなかったときは、念のため、バケツ一杯程度の最初の水は飲用や調理以外に使うことをお勧めします。

【問3】

 自分の家の給水管に鉛管が使われているのでしょうか?

【答3】

 近年の新築家屋には、鉛管を使用していません。ただし、以前の家屋には鉛管が使用されている場合があります。ご家庭に鉛管が使用されているかのお問い合わせは、水道部工務課給水係(0856-31-0431)までお願いします。

【問4】

 給水管に使用されている鉛管は、どの程度まで把握できるでしょうか?

【答4】

 給水管は個人の所有物です。給水申請をされたころの給水台帳等の調査をいたします。

【問5】

 鉛管を取り換える場合の費用負担はどうなりますか?

【答5】

 市の配水管から分岐して引き込みされている給水管は、量水器(メーター器)を除いて個人の所有物です。(管理区分)鉛管などの取替などは、個人負担で行っていただくことになります。


益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)