益田市中期財政計画(平成27年度~平成31年度)

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月19日更新

◆『益田市中期財政計画(平成27年度~平成31年度)』を策定しました。

1 平成25年度決算の状況

 平成25年度の決算は、これまでの行財政改革の効果も影響し、実質単年度収支が4億4,344万円の黒字となりました。
 また、年度間の財源の不均衡を調整するための財政調整基金については、平成25年度末現在高は、前年度から約3億円増加し、10億5,544万円となりました。

 普通会計決算で算定する経常収支比率については、経常一般財源収入である地方税及び地方交付税の減等により、93.0%と前年度から0.7ポイントの悪化となりました。「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」に規定する将来負担比率(平成25年度163.6%)についても、土地開発公社解散に伴う第三セクター等改革推進債の発行等の影響により悪化していますが、実質公債費比率(平成25年度15.6%)については、地方債の一部償還終了等により改善しています。

2 中期財政計画について

 今後は、歳入においては、税収に多くを期待できない中で、平成27年度から普通交付税の合併算定替の激変緩和措置分の影響による減少が始まります。
 また、歳出においては、合併後の事業実施のために発行した合併特例債や過疎債等の元金償還等の影響による公債費の増加や高齢化などによる社会保障関連経費の増加により、義務的経費の比率が相対的に高まる見込みであるため、結果として財政の硬直化を招くことが予想されます。

 この中期財政計画は、中期的な財政収支の見通しを立て、現在及び将来にわたる財政の姿や行政の運営上の課題などを明確にし、今後の事業を進める上での財源の裏付けとなるものです。

  ※今後の本市の財政事情は、社会経済情勢の変化や地方財政制度の動向等に大きく左右されることから、毎年、最新の情報に基づいて、中期財政計画を策定することとしています。

 詳細については、ダウンロード用ファイルを参照願います。

   益田市中期財政計画(平成27年度~平成31年度) [PDFファイル/1.28MB]


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)