防災の備え

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月1日更新

わが家の防災の備え

台風と大雨に対する災害対策

(1)台風が近づいたときの準備

・ラジオ、テレビの気象情報や防災関係機関の広報の注意事項をよく聞きましょう。

防災に関するイラスト1

・停電等にそなえて懐中電灯・ローソク・電池の予備などを用意しましょう。

防災に関するイラスト2 

・いざというときの非常持ち出し品を点検しましょう。

防災に関するイラスト3

・近所の人と協力して対応しましょう。

防災に関するイラスト4

・飲料水を容器に入れて用意しておきましょう。

防災に関するイラスト5

(2)台風が襲ってきたとき

・水害のおそれがるときは、家財道具を移動しておきましょう。

防災に関するイラスト6

・丘陵地や崖近くでは、崖崩れを警戒して避難の用意をしておきましょう。

防災に関するイラスト7

・堤防や護岸近くでは、川や海の水かさに注意しましょう。

防災に関するイラスト8

地震のときの心得

(1)まず丈夫な家具などに身を寄せるテーブル、机など丈夫な家具に身を寄せて、あとの行動を考えましょう。

防災に関するイラスト9

(2)なによりもまず火の始末を
地震と感じたら、なにをおいても火の始末をしましょう。

防災に関するイラスト10

(3)人命救助は消火が第一
火がでたら、すぐ消しとめることが人命を救うためにも最も大切なことです。大声で近隣に声をかけあい協力して消火に努めましょう。

防災に関するイラスト11

(4)あわてて戸外にとびだすな
屋根瓦や窓ガラスの破片など頭上の落下物が多いので、あわてて外にでることは危険です。周囲の状況をよく確かめて落ち着いて行動しましょう。

防災に関するイラスト12

(5)山地では山くずれ、傾斜地では崖くずれに注意
谷間に住む人は、ふだんの山くずれに注意し、安全な場所へ避難しましょう。

防災に関するイラスト13

(6)海岸では津波、低地では浸水に注意海岸の近くでは津波、低地では浸水の恐れがありますので高いところなどの安全な場所へ避難しましょう。

防災に関するイラスト14

(7)確実な情報に従い、余震をおそれるな地震・津波・余震などについては気象庁・気象台・測候所から情報が発せられます。デマにまどわされないで、市の災害対策本部からの適切な情報や指示に従って行動しましょう。

防災に関するイラスト15

(8)狭い路地、塀のわき、崖のふちをさけよ狭い路地や塀のわきに近寄ると家が倒れてきたり、塀が倒れてケガをしたりするので注意しましょう。

防災に関するイラスト16

(9)1分過ぎたらまず安心、秩序をまもり衛生に注意、われがちな行動は混乱のもと
 家を破壊したりするような大きな地震でも大揺れは1分前後といわれています。なるべく早く落ち着きをとりもどし、力を合わせて不幸を最小限にとどめるよう努めましょう。

防災に関するイラスト17防災に関するイラスト18

(10)不意の地震に日頃の用意が大切
携帯ラジオ・懐中電灯・ローソク・マッチなどはいつも決まった場所に非常袋にまとめておき、とっさの場合にすぐ持ち出せるようにしておきましょう。また、避難方法・逃げ道・逃げ場所などはよく研究しておきましょう。

防災に関するイラスト19


益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)