東陽中学校を自転車マナーアップモデル校・鍵かけ推進校に指定

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月14日更新

東陽中学校が自転車マナーアップモデル校・鍵かけ推進校に指定されました

 平成30年5月8日(火曜日)益田市津田町の益田市立東陽中学校において「自転車マナーアップモデル校・鍵かけ推進校」の指定式が行われ、生徒や教職員、地域のボランティア等約150名が出席しました。

 指定された東陽中学校では、自転車利用のルール遵守とマナー向上及び鍵かけ意識の向上を図ります。       

 益田市交通対策協議会長(益田市長 山本浩章)、益田警察署長から指定書が交付され、代表生徒が

「ルールやマナーを守り、交通事故に気をつけます。みんなの模範となるよう鍵かけに気を付けます。」

と決意表明を行いました。

指定式

あいさつ

   

 

 

 

 

 

 

 

指定式終了後には、JA共済連の主催による「スタントマンの事故再現型自転車教室」が開催されました。

スタント

 島根県内での自転車関連事故は交通事故全体の1割を占めており、そのうち約6割は自転車利用者側の法令違反によるものと認められています。

 また、益田市内の自転車盗難被害のうち、ほとんどが中・高生で、鍵をかけなかったために自転車の盗難被害に遭っています。

 1人ひとりが交通ルールとマナーを守り、自転車乗車中の交通事故に十分気をつけるとともに、自転車に鍵をかけ、盗難防止に努めましょう。


益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)