アライグマにご注意ください!

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月1日更新

 近年、アライグマの目撃や農作物被害の報告が多く寄せられています。

 元々は北中米・カナダ原産の動物で日本には生息していませんでした。 日本にいるアライグマは、ペットとして飼われていたものが野生化して増殖したもので、平成17年6月には特定外来生物※に指定されています。
 そのため、現在は個人でペットとして飼うことができません。

 ※特定外来生物:日本在来の生物を捕食したり、これらと競合したりして、生態系を損ねたり、人の生命・身体、農林水産業に被害を与えたりする、あるいはそうするおそれのある外来生物。

アライグマは危険です!

  • 家屋に侵入し、天井裏で生活・繁殖します。(糞尿により天井にシミが出来ます。)
  • 狂犬病やアライグマ回虫など人に感染する病原体を持っています。
  • 性格が凶暴でペットや家畜を襲う事もあります。
  • もともと日本にいた野牛動物と競合し、生息地を奪います。
  • なんでも食べ、農作物(トウモロコシ、ブドウ、カキ等)を食べ荒らします。
  • カエル、イモリ等を捕まえるため田んぼに入り、稲を踏み倒します。

天井のシミの写真被害にあったブドウの写真

アライグマの特徴

  • 尾が縞模様。
  • 指が5本で手先が器用。
  • 耳が白い。
  • 目の周りが黒くアイマスクのよう。
  • ネコより一回り大きい。
  • 背中を丸めた歩き方。

アライグマの写真アライグマの手の写真

チェック項目

※該当する項目が一つでもあれば、アライグマがいるかも知れません。
☐タヌキのような動物を見かけたが、尾に縞模様があった。
☐家や畑の周辺に5本指の足跡がある。
☐天井裏でこれまで聞いたことのないような大きな足音がする。
☐天井にシミが出来て、雨漏りのように水滴が落ちてくる。
☐飼い犬や飼い猫の餌が食い荒らされた。
☐スイカにくりぬかれたような穴が空いていた。

被害にあったスイカの写真

対策

 益田市では、生態系や家屋、農作物等の被害を防ぐため、捕獲を推進しています。
 このため、「特定外来生物防除講習会」を定期的に開催し、受講者に対してアライグマを捕獲できるようになる「防除従事者証」を発行しています。
 アライグマの生態・捕獲方法や最新の研究成果などを学ぶことができます。興味のある方は講習会を受講してみてください。

もしかしてアライグマかも・・。

アライグマを目撃された方は、下記までご連絡ください。

 益田市役所 産業経済部林業水産課 : 電話 31-0313

 美都総合支所 地域づくり推進課 : 電話 52-2314

 匹見総合支所 地域づくり推進課 : 電話 56-0305

 西部農林振興センター益田事務所 林業普及第二課 : 電話 31-9572


益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)