美濃地区の歴史を考える!を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月1日更新
美濃地区の歴史を考える!を開催しました

8月22日(土曜日)に美濃公民館および有田地区において、歴史講座第3回「美濃地区の歴史を考える!」を開催しました。

有田の薬王寺の見学

まず、有田の薬王寺に現地見学に行きました。このお寺は、中島善光尼という女性が若い頃眼病を患いましたが、出雲の一畑薬師を信仰したおかげで失明をまぬがれたことに感謝し、昭和6年に開いた寺院です。

「南無薬師瑠璃光如来」と刻まれた石碑、手水鉢に刻まれた文字、中世の時代の墓の一部など、これまで何気なく見ていたものも歴史を伝えるものであることがあらためて感じられました。前もって地域の方に草刈りをしていただいたおかげで、たいへん見学しやすくなっておりました。

調査カードの紹介

続いて公民館で、これまでに集まった文化遺産の調査カードの紹介を行いました。

美濃地区には歴史的な文化遺産がたくさん残っていることを参加者の皆さんもあらためて感じられたようです。

マップ作り

最後にワークショップでは、3グループに分かれて、美濃地区の文化遺産を、「地域のリーダー(領主・庄屋)」、「信仰(お寺・神社・その他)」、「交通(人々が行き交った痕跡)」の3つのテーマで地図に書き込んでいただきました。

ここでは、活発に話し合っていただき、たくさんの文化遺産の情報を提供していただきました。

作成していただいた美濃地区の文化遺産マップは下のリンクから見ることができます(写真の写りが悪く、また文字が読みづらく、申し訳ありません。後日、まとめなおしたものを掲示します)。

マップ「地域のリーダー(領主・庄屋)」 [その他のファイル/5.45MB]マップ「信仰(お寺・神社・その他)」 [その他のファイル/6.46MB]マップ「交通(人々が行き交った痕跡)」 [その他のファイル/6.86MB]

この計3回の講座では、地域や公民館の皆様からご協力をいただき、おかげさまで多くの文化遺産を把握・発見し、その豊かな歴史を再認識することができました。

美濃地区の連続講座は今回で終了しますが、引き続き文化遺産の情報をお寄せ下さいますよう、よろしくお願いします。


益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)