第1回文化財総合的把握調査研修会「写真絵葉書の発掘と再発信」を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月1日更新
第1回文化財総合的把握調査研修会「写真絵葉書の発掘と再発信」を開催しました

3月7日(土曜日)に、研修会「写真絵葉書の発掘と再発信」を開催しました。

前半では、尾道学研究会の林良司氏を講師にお招きし、写真絵葉書の発掘と活用を中心に、同会の活動についてお話しいただきました。

1枚の写真絵葉書から、当時の風景や人々の生活の様子が分かるだけでなく、当時を知る人から話を聞いたり、収集・調査した結果を展示したりすることで、地域を巻き込んだ活動へ広がっていったことなど、写真絵葉書を活用する手法についても勉強になりました。

後半では、市立歴史民俗資料館の新松館長から、同館で収集されている古写真を紹介していただきました。

益田にもたくさんの古写真・写真絵葉書が残されており、尾道の活動を参考に、益田でも同様の取り組みができるのではないかとの声も多く聞かれました。

当日は会場に、歴史民俗資料館が収集している益田の古い写真を一部展示しました。ご来場いただいた皆さんも、年配の方にはなつかしがっていただき、若い方には新鮮に感じられたようです。

実行委員会では、歴史民俗資料館と協力をしながら古い写真・絵葉書の収集を進めていきたいと考えています。益田の古い写真や絵葉書をお持ちの方で、提供してもよいという方はぜひご連絡ください。実物の提供は難しいという方は、スキャンさせていただき、データだけでもご提供いただければ、地域のたからとして保管・活用させていただきます。

※今回講演をいただいた尾道学研究会の林さんが、ご自身のブログで益田の旅行記をアップされています。
http://blog.livedoor.jp/ijoyr884-yghd/archives/51620776.html
http://blog.livedoor.jp/ijoyr884-yghd/archives/51620990.html

講演の様子講演の様子です。尾道学研究会の取り組みを具体的に紹介していただきました。益田の古写真の展示

会場に、益田市歴史民俗資料館が収集されている、益田の古い写真の一部を展示しました。

新松館長の古写真紹介新松館長から、益田の古い写真・絵葉書を紹介していただきました。

益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)