中世益田氏と中須東原遺跡を題材とした授業の実践記録が掲載されています

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月13日更新
 平成27年1月から2月にかけて、益田中学校で、中世益田氏や中須東原遺跡を題材とした歴史の授業が行われました。

 この授業の実践記録は、平成27年度の公益財団法人日本教育公務員弘済会島根支部が募集した教育実践研究論文の中で、「特選」に選ばれています。

 このたび授業の実践記録が『島根の教育研究と実践』第15集(日本教育公務員弘済会島根支部)および『社会科研究―子どもの学びを拓く―』37号(島根社会科懇話会)に掲載されました(内容はおおむね同じです)。

 『島根の教育研究と実践』第15集は益田市立図書館の郷土コーナーに配架されており、『社会科研究』37号も配架の手続きを進めます。

 興味のある方はぜひご覧下さい。
『島根の教育研究と実践』と『社会科研究』

益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)