補装具費支給事業について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月26日更新

1 対象者

 身体障がい者手帳の交付を受けた方及び難病患者等で、補装具が真に必要と認められる方。
 ただし、介護保険対象者は、介護保険制度による福祉用具の交付(貸与等)が優先されます。(介護保険の福祉用具では対応できない場合は、障がい者の補装具制度を利用できます。)
 ※入院中や施設入所中の方は対象外となる場合があります。

2 内容

 身体上の機能を補って日常生活や社会生活をしやすくするため、補装具を必要とする身体障がい者(児)に対し、下記補装具の購入または修理にかかる費用を支給します。

  (1) 補装具の種類

補装具の種類障がい及び程度
 
盲人用安全杖、義眼、めがね視覚障がいのある方
補聴器聴覚障がいのある方
義肢(義手・義足)、装具、車いす、座位保持装置、電動車いす、歩行器、歩行補助杖肢体不自由のある方(※主に)
座位保持いす、起立保持具、頭部保持具、排便補助具肢体不自由のある方で年齢が17歳以下の方
重度障がい者意思伝達装置両上下肢機能全廃及び音声言語機能障がいの方

※補装具の種類によって支給要件がさらに異なります。

  (2) 耐用年数

補装具については、装具の種類ごとに耐用年数が定められています。
原則として、耐用年数内の再購入は認められません。(修理は可能。)

3 申請方法

 申請の流れや必要な書類は以下でご確認ください。

4 費用負担

原則として費用の1割が利用者負担となります。(市町村民税非課税世帯は無料)
ただし、世帯の収入状況により月額負担上限額が設定されます。
世帯区分世帯の収入状況

月額負担上限額

 
生活保護生活保護受給世帯0円  
低所得市町村民税非課税世帯0円
一般市町村民税課税世帯37,200円

※世帯の範囲は、対象者が18歳以上の場合は「本人及び配偶者」、18歳未満の場合は原則として「本人と父母及び住民上の世帯全員」です。

※世帯員の中に市町村民税所得割額が46万円以上の方がいる場合は、支給対象外となります。

※各補装具ごとに定められた基準額を超えた部分については、利用者負担となります。

 


益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)