固定資産税のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月29日更新

固定資産税とは

 固定資産税は、毎年1月1日現在、市内に所在する土地・家屋・償却資産(事業のために使用する機械、器具・備品など)の所有者に納めていただく税で、各種行政サービスの提供・公共施設の建設など、市の財政を支える主要な税として、重要な役割を果たしています。

免税点

 同一人が所有する土地・家屋・償却資産のそれぞれの課税標準額の合計が下記の金額に満たない場合、その区分についての固定資産税は課税されません。(課税されない場合、課税明細書・納税通知書は送付いたしません。)

 
土地30万円
家屋20万円
償却資産150万円

課税明細書について

 納税者の皆様に、課税対象の固定資産とその内容が確認できるよう、課税明細書をお送りしております。課税明細書は再発行いたしません。また、確定申告などにも利用できますので大切に保管してください。 
 固定資産税の対象となる物件が課税明細書に記載されていない(課税されていない)ことが判明したときは、遡って課税されます。また、還付が生じた場合も5年分を超えることはできませんので、内容を十分ご確認ください。
 なお、課税明細書の内容についてのご質問・ご不明な点は、固定資産税の窓口でおたずねください。(電話でおたずねの際は、お手元に課税明細書をご用意ください。)

納税通知書について

 納税者の皆様に、課税標準額・税額を記載した納税通知書をお送りします。なお、固定資産税の税額は、土地・家屋・償却資産の課税標準額を合計した額に、税率を乗じて算出します。

課税標準額×税率(1.5パーセント)=税額

 納税通知書に同封した納付書で、各納期限までに最寄りの金融機関で納付くださいますようお願いいたします。(納税に口座振替をご利用の方は、原則として各納期の最終日にご指定の預貯金口座から口座引き落としいたします。) 

 納税には便利な口座振替をおすすめします。口座振替のお申し込み、ご指定口座・振替方法の変更、口座振替の取りやめは、納期限の前月まで(全期分前納・第1期からの振替は4月末日まで)に取引金融機関の窓口で手続きをしてください。

固定資産税の納期
第1期5月16日 から 5月31日 まで
第2期7月16日 から 7月31日 まで
第3期12月16日 から 12月28日 まで
第4期2月16日 から 2月末日 まで

 固定資産の価格等の縦覧を行います

 当該年度における自己所有の土地・家屋と市内の他の土地・家屋の評価額が比較できる「価格等縦覧帳簿」を、無料で納税者のみなさまにお見せします。

 
縦覧期間と
受付時間

毎年4月1日から5月31日 午前8時30分~午後5時15分
(日曜日・土曜日ならびに祝日を除きます。)
※期間後は縦覧することができません。

縦覧場所益田市役所 税務課固定資産税係 または 各総合支所 住民福祉課
縦覧帳簿の
記載内容
・土地…所在、地番、地目、地籍、新年度の価格
・家屋…所在、家屋番号、種類、構造、床面積、建築年、新年度の価格
縦覧できる方・納税者(固定資産税が課税される方。免税点未満の方は縦覧できません。)
(土地の納税者は土地、家屋の納税者は家屋の縦覧ができます。)
・納税者の代理人(代理人選任届または納税者の課税明細書・納税通知書をご持参ください。)
必要なもの・本人確認書類(来庁されるかたの納税通知書・課税明細書または運転免許証など)
・印鑑
・縦覧する物件を特定した地番など(所有者をもとに縦覧することはできません。)
  • 縦覧帳簿は、記載内容の書き取りはできますが、コピーしたりカメラなどで撮影することはできません。
  • 縦覧帳簿の縦覧は、自己所有の資産の評価額が適正かどうかを他の固定資産と比較し確認していただくための制度であるため、営利目的など、趣旨から外れる縦覧はできません。
  • 地番の特定されない縦覧の申請及び電話などによる価格等の問い合わせはできません。

縦覧期間中の課税台帳・名寄帳の閲覧について

 自己所有に係る固定資産の課税台帳と、名寄帳(課税物件を所有者・納税者ごとに一覧にしたもので、課税明細書と同じ内容のもの)も縦覧期間中のみ無料でお見せします。(写しは有料。1枚300円です。)

固定資産税に関する閲覧と証明について

 毎年4月1日から、新年度の固定資産税に関する証明書を発行します。請求される方は、印鑑、必要書類、手数料をご持参の上、窓口においでください。(申請書・代理人選任届は窓口・各地区振興センターに備えてあるほか、益田市ホームページからダウンロードすることもできます。)

 所有者・納税義務者

相続人

借地人・借家人など民事訴訟の申立人
 
課税台帳の閲覧閲覧できます

閲覧できます

閲覧できます閲覧できません
課税台帳に記載された事項の証明書
(評価証明書など)
発行できます発行できます発行できます発行できます
名寄帳の閲覧閲覧できます

閲覧できます

閲覧できません閲覧できません
名寄帳の写し発行できます

発行できます

発行できません発行できません
必要な書類本人確認書類
(納税通知書・運転免許証など)

本人確認書類
(納税通知書・運転免許証など)
相続権を確認できる書類(戸籍謄本など)

本人確認書類
(運転免許証など)閲覧・証明を請求する物件に係る賃貸借契約書など
本人確認書類
(運転免許証など)
証明を請求する物件に係る民事訴訟に関する申立書

※代理の方(家族・従業員など)が請求されるときは、代理の方の本人確認書類と、代理人選任届が必要です。

■手数料 閲覧は1回につき200円、証明書・写しの交付は1枚につき300円です。

標準的な定地の価格を示した図面を公開しています

 宅地の評価は、その地域の標準的な宅地を選定した上で、地価公示・都道府県地価調査価格及び不動産鑑定評価による価格を活用していますが、その標準的な宅地の価格を記載した図面と固定資産税路線価を、無料で一般に公開しています。

 また、財団法人 資産評価システム研究センターにより、インターネット(http://www.chikamap.jp/)で全国の固定資産税路線価などが公開されています。

固定資産税評価替え

 固定資産税は、毎年1月1日に土地・家屋・償却資産(総称して固定資産)を所有している人が納める税金で、それぞれの評価額を基に算定されます。土地と家屋については、3年に1度の基準年度ごとに評価の見直し(評価替え)を行っています。

固定資産の価格・課税内容に関する不服の申し出について

 固定資産の価格について不服がある場合は、納税通知書の交付を受けた日の翌日から3月以内に、審査の申出をすることができます。また、納税通知書の価格以外の内容について不服がある場合も、納税通知書の交付を受けた日の翌日から3月以内に、異議の申立てをすることができます。

固定資産の調査にご協力下さい

 固定資産税は、課税物件を実地に調査して評価額等を求めることになっています。
土地の現況を変更されたり家屋を建築されたときは、担当職員がお伺いして調査をさせていただきますのでご協力をお願いいたします。 
 なお、土地の現況を変更されたり、家屋を建築・取り壊されたときは、お手数ですがお知らせください。

土地に対する固定資産税の地積の認定について 

 土地に対する固定資産税の地積は、原則として登記されている地積により課税されますが、現況地積が登記されている地積と比べて著しく小さいときは、所有者からの届出により現況地積で課税することができます。そのような土地を所有されている方は、次の書類を添えて届けてください。   

(1)その土地を測量した図面
(2)隣接地所有者と境界を確認したことを記した書面 なお、地積更正登記をした土地や、地籍調査が実施された地域の土地に対する固定資産税は、登記された次の年度から登記後の地積により課税されます。

固定資産税に関するお問い合わせ

(各窓口・ホームページにも詳細を掲示しています。)

 固定資産税の課税内容等についてのご質問・ご不明な点は、窓口でおたずねください。
 なお、電話でおたずねの際は、お手元に課税明細書・納税通知書をご用意ください。

市役所 税務課固定資産税係(市役所本館1階南側 窓口14) 電話番号0856-31-0610
美都総合支所 住民福祉課(美都総合支所) 電話番号0856-52-2311
匹見総合支所 住民福祉課(匹見総合支所) 電話番号0856-56-0301


益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)