魅力ある地域づくり

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月21日更新

平成25年度から平成28年度までの地域づくりの取組

魅力ある地域づくり(イメージ図)

1.地域自治組織支援事業

 住民主体の地域運営を進める「地域自治組織」に対し支援をしています。

 現在、市内20地区ある内、9地区で地域自治組織が設立され、各地区の特色をいかした地域づくりの取り組みを進められています。

2.地域自治組織設立支援事業

 地域自治組織設立に向けて話し合の取り組みをされている地域自治組織の準備会に対し支援をしています。

3.地域魅力化応援隊員事業

 地域自治組織の設立や地域魅力化プロジェクト事業実施にあたって、それらを総合的に支援するとともに、その成果を活かすことで「地域の魅力化」を図るための地域魅力化応援隊員を配置します。

平成26年度地域魅力化応援隊員業務報告書≪総括表≫ [PDFファイル/7.96MB]

平成27年度地域魅力化応援隊員業務報告書≪総括表≫ [PDFファイル/8.5MB]

平成28年度地域魅力化応援隊員業務報告書≪総括表≫ [PDFファイル/19.16MB]

平成29年度地域魅力化応援隊員業務報告書≪総括表≫ [PDFファイル/10.48MB]

各地区の取組状況

平成26年度 広報「ますだ」による取組紹介 [PDFファイル/15.16MB]

平成27年度 広報「ますだ」による取組紹介 [PDFファイル/17.32MB]

平成26年度 益田市20地区取組状況 [PDFファイル/10.3MB]

平成27年度 益田市20地区取組状況 [PDFファイル/25.16MB]

平成28年度 益田市20地区取組状況 [PDFファイル/26.99MB]

平成29年度 益田市20地区取組状況 [PDFファイル/30.26MB]

これからの地域自治の仕組み

 集落機能の低下による地域コミュニティの行き詰まりは、これからますます進んでいくことが予想されています。これは今のところ問題なく活動が維持されている集落であっても例外ではありません。地域が抱える課題を解決し、地域コミュニティを維持していくためにも、従来の地縁による住民同士の結びつきに加え、地域の活動を支える市民団体との連携や世代、性別、立場を超えて話し合いや決めごとを行う仕組みをつくることが大切です。また、同時に現在抱えている担い手不足、活動者不足を補うためにも、集落機能を広域で支え合う体制づくりも必要となります。そして、市も部局を横断して地域と対話ができるような体制を構築し、一体的に地域を支えることが必要となります。

 これからの地域自治の仕組みに関する概要は、以下リンク先をご覧ください。

 これからの地域自治の仕組み

各地区における人口、高齢化率等

益田市における集落(自治会)の現状(平成29年度)

益田市における集落(自治会)の現状(平成28年度)

益田市における集落(自治会)の現状(平成27年度)

益田市における集落(自治会)の現状(平成26年度)

益田市における集落(自治会)の現状(平成25年度)

研修等

平成27年10月21日開催「地域づくり研修~地域自治組織及び準備団体の情報交換会~」


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)