【年金手続】退職したとき(国民年金)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月1日更新

20歳以上60歳未満の方

会社を退職されると厚生年金・共済組合は自動的に喪失となりますが、国民年金の加入は自分で手続きをしなければなりません。
また、扶養されていた配偶者も同様に手続きが必要です。
下記のものを持って、市役所保険課6番の窓口(国民年金)、美都・匹見総合支所地域振興課で手続きをしてください。

手続きに必要なもの

  • 退職日が確認できる書類(雇用保険の離職票、社会保険資格喪失証明書等)
  • 年金手帳(または基礎年金番号通知)
  • 印鑑

なお、退職されてすぐに第2号被保険者(会社員、公務員など)である配偶者の扶養に入って第3号被保険者に該当する場合は、配偶者の勤務先で手続きを行ってください。

60歳以上の方

原則として国民年金に加入する必要はありません。
ただし、国民年金の受給資格期間が足りない方や年金をより多く受けたい方は、60歳から65歳になるまで国民年金に任意加入できます。
任意加入を希望される方は、届出が必要ですので市役所保険課6番の窓口(国民年金)へご相談ください。

退職した方に扶養されていた配偶者について

退職した方に扶養されていた配偶者が60歳未満の場合は、第1号被保険者になりますので、下記のものを持って、市役所保険課6番の窓口(国民年金)、美都・匹見総合支所地域振興課で手続きをしてください。

手続きに必要なもの

  • 退職日が確認できる書類(雇用保険の離職票、社会保険資格喪失証明書等)
  • 年金手帳(または基礎年金番号通知)
  • 印鑑

益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)