墓地をつくるとき・移転するとき

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月1日更新

墓地をつくるとき

  墓地をつくるときは、墓地・埋葬等に関する法律に基づき、市での墓地経営許可手続きが必要です。経営許可を得ないで墓地を設置した場合、6箇月以下の懲役または5千円以下の罰金に処せられます。「登記地目が墓地」及び「経営許可済の墓地」の区域、施設でも、新たに変更する場合も手続きが必要です。必ず事前に環境衛生課までご相談願います。

 墓地の経営とは、墓地を設置し、管理し、運営することです。墓地の経営許可は、宗教法人または公益法人に限られます。個人所有地での自己の墓地新設については、特別な事情がある場合のみ許可されます。個人が他人に墳墓を設けさせる目的で土地を分譲し、使用権を設定し墓地経営を行うことはできません。

 墓地経営許可申請に必要な書類

 1 墓地経営許可申請書(書式あり)

 2 付近の状況を明らかにした図面(住宅地図等)

 3 土地登記簿の謄本

 4 公図の写し                                                          

 5 墓地区画の測量図及び墓の配置図

 6 周辺100m以内の民家等の同意書(書式あり)

 7 工事前の現況写真

 宗教法人または公益法人が墓地経営許可申請する場合は、改めて書類が必要ですので、事前にお問い合わせ願います。

墓地経営許可申請するにあたって

 墓地予定地の現地調査を行います。

 墓地予定地の半径100メートル以内に人家等がある場合は、その同意が必要です。 (書式あり)

 個人墓地の場合、面積は概ね10平方メートルとしています。墓地に予定する部分を分筆登記し、その地番で申請してください。 
 墓地予定地の土地の名義は、原則的には申請者でなければいけません。(申請者でない場合は、改めて環境衛生課へご相談ください。) 
 墓地予定地の地目が、田または畑の場合には、農業委員会へ農地転用許可の手続きが必要です。 その他法令の手続きを実施後、申請願います。

墓地を移転するときは

 益田市内の墓地を移転 改葬するときは、市の改葬許可が必要です。
 改葬をしようとする人は、下記の必要事項を記入した申請書を提出して、現在の墓地のある土地の市町村長の許可を受けることになります。

必要事項

改葬許可申請書
1 死亡者の本籍、住所、氏名、性別
2 死亡年月日
3 埋葬または火葬の場所
4 埋葬または火葬の年月日
5 改葬の理由
6 改葬の場所
7 申請者の住所、氏名、死亡者との続柄、墓地使用者または焼骨収蔵委託者との関係

●添付書類として改葬先の墓地、霊園等の受け入れ証明、または永代使用契約書の写しが必要です。また、郵送でのご希望の場合は、返信用封筒(申請者の住所、氏名をご記入のうえ、切手を貼付)を同封してください。

墓地を廃止するときは

墓地の新設や移転にともない墓地を廃止する場合など、現在ある墓地を廃止するときは、墓地廃止の申請をしてください。

墓地経営許可申請書 [WORDファイル/28KB]
同意書(隣接) [PDFファイル/53KB]
改葬許可申請書 [WORDファイル/36KB]
改葬許可申請書の記入の仕方 [PDFファイル/136KB]
墓地廃止許可申請書 [WORDファイル/28KB]


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)