生活保護とは

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月1日更新

生活保護制度とは

生活保護法は、憲法第25条に規定された「健康で文化的な最低限度の生活営む」という国民の権利を実現させるための法律です。生活に困窮する国民に対して最低限度の生活を保障する制度であるとともに自立を助長することを目的としています。

 

保護を受ける要件

保護を受けようとする方が、資産や能力、各種制度や親類からの援助など、生活を維持するためにあらゆるものを活用することが要件となっています。
保護は世帯単位で適用するので、同居する方全員が要件を満たす必要があります。

  • 生活を維持するために、世帯の資産は可能な限り活用してください。(土地・家屋、預貯金等)
  • 働くことのできる方は働くための努力をしてもらう必要があります。
  • 親、子、兄弟姉妹など、扶養義務者に援助をお願いしてみてください。
  • 他の法律・制度を可能な限り活用してください。(各種年金や保険、児童扶養手当等)
  • 自動車の所有、使用は原則的には禁止です。これはガソリン代、任意保険や車検費用などの維持費は、生活費に当てるべきだと考えられるからです。

あらゆる努力をした上でそれでもなお生活の維持が困難であるという方に対して、足りない分を補うということが生活保護制度の趣旨です。

保護申請から決定までの流れ

地域を担当するケースワーカーとの面接・相談

保護申請書、その他必要書類の提出

ケースワーカーによる世帯訪問、預貯金や資産等の調査、その他関係機関の調査

福祉事務所は、申請者の状況と調査結果によって、保護の要否を決定する

※ 保護の申請から要否の決定まで、通常は14日以内に行われます。


益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)