(仮称)防災街区公園の整備について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月8日更新

(仮称)防災街区公園の整備について

 (仮称)防災街区公園の整備について、地元関係者をはじめ広く市民の意見を設計に反映するため市民ワークショップを2回開催し、整備計画をとりまとめましたので公表します。

ワークショップでの意見で採用を見送った案件について

・芝生広場の要望
 災害時の一時避難場所としての機能を考えた場合に、中央部に芝生広場を設置する案は、豪雨災害時の避難時には車椅子(災害弱者)の利用が困難となるため、防災公園としては不向きと考えました。
・トイレの設置
 当地区は公共下水道の事業区域外であるため、合併浄化槽の設置が必要となる。しかし、多目的広場や災害の利用人数を考慮すると、必要な合併浄化槽の人槽が過大となり、平常時の維持管理が困難となります。また、汲み取りでは災害時の衛生管理が困難であるため、公共下水道の整備後に改めて見直しを行うこととしました。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)