国土交通省・県選出国会議員へ、山陰道整備・国道9号改良・高津川治水の要望を行いました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月15日更新

 平成29年11月1日に、浜田・益田間高規格道路建設促進期成同盟会浜田市~津和野町間幹線道路整備推進協議会高津川水系治水砂防期成同盟会での国土交通省、県選出国会議員への要望を行いました。
 各同盟会・協議会での要望内容は下記のとおりです。

【浜田・益田間高規格道路建設促進期成同盟会】※構成市町 益田市、浜田市、津和野町、吉賀町

1 山陰道をはじめとする高規格幹線道路網の整備が着実に進められるよう、平成30年度の道路関係予算の総額を拡大するとともに、着実な事業の推進のために平成29年度補正予算を早期に編成すること。

2 今年度末で期限となる道路財特法の補助率の嵩上げ措置については、山陰道のアクセス道路整備にも関わることから、平成30年度以降も現行制度を継続するとともに、地方の財政状況に十分配慮した支援措置を講ずること。

3 道路の事業評価については、多面的な整備効果を評価の中に取り込むことや高速道路網のミッシングリンク区間の解消など、地域の実情を十分に考慮した評価を行うこと。

4 三隅・益田道路事業を引き続き力強く推進し、完成予定年次を早期に示すこと。

5 山陰道(益田~萩)の区間については、計画段階評価の手続きを早急に進め、早期に事業化を図ること。

【浜田市~津和野町間幹線道路整備推進協議会】※構成市町 益田市、浜田市、津和野町、吉賀町

1 平成30年度の道路関係予算の総額を確保し、石西国道9号交通安全及び防災対策事業を着実に進めること。

(1)通学路の安全確保、多発する交通事故対策を柱とした、交差点改良、歩道設置等の交通安全対策に、十分配慮すること。

(2)山間地域を通過する路線であることに鑑み、防災工事に万全を期すること。

2 今年度末で期限となる道路財特法の補助率の嵩上げ措置については、道路の老朽化対策に関わることから、平成30年度以降も現行制度を継続すること。また、地方の財政状況に応じた支援措置を講ずること。

3 道路メンテナンス事業における点検・診断・修繕等に対する補助制度の拡充等、財政措置のさらなる充実を図ること。

【高津川水系治水砂防期成同盟会】※構成市町 益田市、津和野町、吉賀町

1 高津川の特色を活かした高津川水系河川整備計画に基づく環境や景観に配慮した治水事業を計画的に実施すること。

2 流域住民の関心が高い河川内の樹木の除去について、河川の流下能力を確保するため計画的かつ着実な実施をはかること。

3 地域の実情にあわせた排水ポンプ車等の配備をおこなうこと。

 

1 2
☆石川道路局長                   ☆清瀬 水資源・国土保全局次長

3 4
☆島田参議院議員                 ☆三浦衆議院議員

5 
☆青木竹下事務所


益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)