山陰道(益田~萩)整備促進の要望を行いました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月2日更新

 平成28年8月31日(水曜日)に、山陰道(益田~萩間)整備促進期成同盟会が、島根県と山口県の県議の皆さまに同行いただき、国土交通省への要望を行いました。

 要望内容は下記のとおりです。

一 地方創生の要となる山陰道(益田~萩間)の早期事業化
 既に取り組み始めた地方創生を実現する要となる山陰道(益田~萩間)の全線整備に必要な予算を十分に講じ、早期に全線事業化すること。
 特に益田~萩間において優先整備区間に選定されている「小浜~田万川間」及び「木与付近」については来年度に事業化するとともに、「大井~萩間」についても今年度中に都市計画決定の手続きに移行させること。
 また、優先整備区間に選定されていない区間については、早期に計画段階評価に着手すること。

一 本地域の実情を考慮した道路事業評価の実施
 本地域には、山陰道(益田~萩間)の開通により発現するストック効果の資源が数多あることや、山陰道の一翼を担う萩・三隅道路の開通により山陰地域において行政施策連携や観光面においてストック効果が発現している実績があることなどから、山陰道(益田~萩間)の事業化にあたっては、単に費用対効果という視点に留まらず、本地域の実情を考慮したうえで、適切に評価すること


大臣説明
☆山陰道(益田~萩間)について石井国土交通大臣へ説明しました。

青木次長
☆青木道路局次長

細田議員 青木議員
☆細田衆議院議員                 ☆青木参議院議員

島田議員 青木竹下事務所
☆島田参議院議員                 ☆青木竹下事務所

 


益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)