益田市内の積雪荷重について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月1日更新
 建築基準法施行令第86条第3項の規定により特定行政庁が定める数値は、次の表の(い)欄に掲げる区域の区分に応じ、(は)欄に掲げる標高の区域においては(ろ)欄に掲げる数値とし、(は)欄に掲げる標高の区域以外の区域においては(に)欄に掲げる数値とします。
(島根県建築基準法施行細則 第11条の3)

(い)

(ろ)

(は)

(に)

区域

垂直積雪量

(単位 メートル)

標高

(単位 メートル)

垂直積雪量

(単位 メートル)

旧益田市

0.55

7

(L-7)×0.0036+0.55

旧美都町

1.03

165

(L-165)×0.0036+1.03

旧匹見町

1.37

280

(L-280)×0.0036+1.37

備考

1.この表におりて、Lは建築場所の標高(単位 メートル)を表す。

2.旧市町の区域は、平成16年10月31日現在のものによる。

(※ 現在の町名が、美都町及び匹見町以外の地域については、すべて旧益田市となります。町名については、下記の『地区・町名一覧』を参考にしてください。)

   

 

  2 垂直積雪量が1メートル以上の区域は、建築基準法施行令第86条第2項ただし書の規定による多雪区域とします。

  3 多雪区域における積雪の単位荷重は、次の表の数値以上としなければなりません。

垂直積雪量

(単位 センチメートル)

積雪1センチメートル当たりの単位荷重

(単位 1平方メートルにつきニュートン)

100

20

150

28

200

30

250

32

300

33

400以上

35

 ただし、中間値は直線的に補間する。

 

  

 

 例1.益田市下本郷町(旧益田市の区域)標高18メートルの場合

      垂直積雪量=(18-7)×0.0036+0.55=0.59メートル

 例2.益田市美都町都茂(旧美都町の区域)標高190メートルの場合

      垂直積雪量=(190-165)×0.0036+1.03=1.12メートル(多雪区域)


 ※ 現在の地区・町名は次のとおりです。 地区・町名一覧 [PDFファイル/56KB]

 ※ 旧市町村名については、島根県の 旧市町村マップ も参考にしてください。


■標高について

  標高についてはこちら(別ウィンドウで外部リンクが開きます)をご覧ください。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)