公共下水道

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月26日更新

益田市の公共下水道

公共下水道は、都市の健全な発展に欠くことのできない基盤施設のひとつです。

益田市の公共下水道は、汚水(排水)と雨水をそれぞれ別の管で集めて流す『分流式』を採用しています。

汚水については、各家庭や工場等の排水を道路内に張り巡らされている汚水管に集め、かもしま東町にある終末処理場(水質管理センター)まで流下させ、そこできれいな水に処理して益田川へ排出しています。

益田市水質管理センター

雨水については、降雨による市街地の浸水を防ぐため雨水管を整備しています。

整備の概要

益田市公共下水道は、用途地域内及び周辺住宅密集地域を対象に、終末処理場の位置を益田川左岸(かもしま東町)として処理面積1,119ha、計画処理区域内人口25,700人、計画日最大汚水量12,900立方メートル/日という設定のもとに全体計画を策定し、整備を図っています。

公共下水道の事業計画区域及び拡大(予定)について
 

公共下水道供用開始に伴う接続のお願い

平成21年4月15日より公共下水道が一部供用開始となり、順次供用区域を拡げています。

区域内に住宅や事務所などをお持ちの方(受益者)は、供用開始の日から1年以内に下水道へ接続を行うこととなっています。(益田市下水道条例第3条)

また、くみ取り便所が設けられている建物については、供用開始の日から3年以内に水洗便所に改造し下水道へ接続を行うこととなっています。(下水道法第11条の3)

いずれの場合も、供用区域となりましたら出来る限り早い接続をお願いします。

なお、接続に関する工事は市が指定している益田市排水設備指定工事店でなければ行えませんので、下記一覧中の指定工事店へご依頼ください。

 益田市下水道排水設備指定工事店一覧

 公共下水道供用区域について

 

受益者負担金について

供用開始区域内の土地所有者または土地に対して権利を持っておられる方につきましては、下記の額の負担金をお支払いいただきます。

※排水人口100人以上の場合は、均等割額に排水人口割額が加算されます。

 負担金:(均等割額)一基の公共ますの設置または使用につき

            ・・・・・150,000円(排水人口100人未満)

      (排水人口割額)一基の公共ますを使用する排水人口が100人以上

            ・・・・・加算額150,000円

なお、公共下水道へ接続し使用する際には、所定の下水道使用料金をお支払いいただくこととなります。

 使用料金について、詳しくはこちらをご覧ください。


益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)