都茂地区直進会が文化財愛護活動顕彰を受賞しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月18日更新

益田市美都町の都茂地区直進会は平成23年に設立し、会員14名で都茂丸山鉱山の調査を毎年行い、これまでに30以上の遺構(坑道など)を発見しています。また、県内外の専門家を招いた講演会の開催、地区内の遺跡等の説明板・案内板の設置及びパンフレット等の作成を行っている団体です。

そうした功績が評価されて、このたび平成27年度の文化財愛護活動顕彰を受賞することとなりました。平成28年2月14日に松江テルサホールで表彰式が開催され、3月16日には益田市役所市長室で受賞報告会が行われました。

文化財愛護活動顕彰とは、文化財の保護と文化財愛護思想の普及啓発を目的とした事業を積極的に行い、島根県文化財愛護協会の目的達成に多大な貢献をしたと認められる個人または団体に表彰するものです。文化財愛護活動顕彰は平成17年度から続いており、益田市が受賞したのは6年ぶりとなりました。

記念撮影
           右から2番目 久保勝規(会長)、右 島川鐵雄(事務局)

益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)