中須保育所の園児のみなさんと中須東原遺跡の一画に花の苗を植えました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月15日更新

7月14日、史跡中須東原遺跡で、近所の中須保育所の園児のみなさんと花の苗を植えました。

中須東原遺跡は、益田川河口域に栄えた中世の湊まちの遺跡です。

学術上極めて高い価値があることから、益田市は全面保存を決定し、現在公有地化を進めており、今後は地元の皆さんに親しまれる史跡公園を目指して整備を行う予定です。

今回は、中須保育所の園児19人とコスモスの種の入った土をまき、ポーチュラカの苗を植えました。

蒸し暑い中元気いっぱいに植えてくれました。

本当にありがとうございました。

秋になって花が咲き、園児のみなさんの喜ぶ顔が楽しみです。

コスモスの種を植えるところ

はじめに、職員が耕した土に、コスモスの種をまきました

ポーチュラカの苗を植えるところ

次は、ポーチュラカの苗を植えました

水をまくところ

最後に、みんなで水をまきました


益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)