山陰史跡ガイドブック第5巻が改訂されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月5日更新

山陰史跡ガイドブックは、山陰史跡ネットワーク会議により1巻~5巻まで刊行されています。この度、第5巻の『山陰の近世・近代遺跡』が改定されましたのでご案内します。

益田市では、市指定史跡である岸静江の墓及び扇原関門跡(益田市多田町)や大鳥たたら跡(益田市美都町宇津川)等が紹介されています。

ガイドブックは、島根県教育委員会・各市町村教育委員会・県内の博物館・資料館・各島根県事務所・観光案内所に配布されており、益田市役所文化財課にも約100部の在庫をおいていますので興味のある方は是非寄ってみてください。無料で提供いたします。

なお、本書に対するお問合せは、島根県教育庁文化財課(0852-22-5880)までお願いします。

ガイドブック

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)