国史跡益田氏城館跡整備計画中間報告会を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月21日更新

12月9日(土曜日)に、益田市立図書館2階視聴覚室において国史跡益田氏城館跡整備計画中間報告会を開催し、およそ40名の市民の方に参加いただきました。

報告会では、まず県内の先進整備事例である戦国大名尼子氏の居城、月山富田城として有名な国史跡富田城跡の整備について、安来市教育委員会文化財課の水口係長に紹介いただきました。

安来市教育委員会文化財課 水口係長

【安来市の取り組みを紹介する水口係長】

月山富田城

【近年着実に整備が続く国史跡富田城跡】

続いて、今年度と来年度の2か年をかけて策定する「史跡益田氏城館跡整備基本計画」に関する中間報告を史跡整備推進室の担当者が行い、最後に参加者のみなさんから整備や活用に関する意見をいただく目的のワークショップを行い、閉会しました。

史跡整備推進室では、今回いただいたご意見をまとめ、来年度に開催される整備検討委員会に市民の声として届けるとともに、今後計画案についても市民のみなさんにお示しする機会を設け、市民に愛され、地域のシンボルとなる史跡益田氏城館跡の整備をめざしていきたいと考えています。

ワークショップの様子を紹介します

ワークショップでは居館跡である三宅御土居跡、居城跡である七尾城跡それぞれ3つのグループに分かれ、整備と活用にあたって望むことを書いていただきました。短い時間の中ではありましたが、参加者の皆さんからは様々なアイデアを出していただきました。以下にいくつかのご意見を紹介します。

【整備に関して】
・遺跡の中心となる建造物の復元、再現
・土塁の復元
・遊歩道・登山道の整備
・トイレ、駐車場の整備
・眺望確保のための伐木

【活用に関して】
・中世遺跡を巡るイベントの開催
・三宅御土居と七尾城を使った祭り
・フリーマーケットの開催
・歴史学習ゾーンとしての活用
・中須湊と関連づけた活用

【三宅御土居跡1班】

館1班

【三宅御土居跡2班】

館2班

【三宅御土居跡3班】

館3班

【七尾城跡1班】

城1班

【七尾城跡2班】

城2班

【七尾城跡3班】

城3班

 

ワークショップで出された意見をまとめた図面

ワークショップでは三宅御土居跡、七尾城跡ともに大きな図面の書かれた紙に参加者の皆さんが意見を書いたふせんを貼っていただきました。それをまとめたものが以下のPDFファイルです。

【三宅御土居跡】 [PDFファイル/4.77MB]

【七尾城跡】 [PDFファイル/11.28MB]


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)