定住情報誌「おかえり」最新号2018年3月号を発行しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月19日更新

匹見地域にU・Iターンされた方々へのインタビューや定住情報などをコンパクトにまとめた定住情報誌「おかえり」の最新号を発行しました。

年2回発行しています。    

最新号

今回は、道川地区にUターンされた男性を紹介します。恩師との絆からさまざまな地域活動に取り組まれている方です。

おかえりP1 おかえりP2 おかえりP3 おかえりP4

最新号2018年3月号はこちらをクリック! [PDFファイル/16.51MB]

 

バックナンバー

バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

定住情報誌「おかえり」の冊子をご希望の方は下記問い合わせ先までご連絡ください。

 

 


交流から滞在、そして定住へ

ちょこっと匹見を体験したい方は…

農家民泊

匹見地域には、3軒の農家民泊があります。農家でゆったりのんびり匹見を体験してみませんか。

民泊「三四四」

体験内容:ものづくり体験(布ぞうり、かご編みなど)、山菜採り、田舎料理体験、春・秋農業体験など

宿泊および調理体験料:6,000円

住所:益田市匹見町道川イ214

電話・ファックス:0856‐58‐0020

民泊三四四の画像です

 

農家民泊「内谷とちの郷」

体験内容:わさびの苗植え・収穫体験、山菜採り、料理体験(こんにゃく、わさびの醤油漬けなど)、もちつきなど

宿泊および調理体験料:6,000円

住所:益田市匹見町石谷ロ561

電話・ファックス:0856‐56‐0589

農家民泊とちの郷の画像です

 

農家民泊「長尾原のへや」

体験内容:農作業体験(稲刈り、牛の世話など)、苔玉作り、農産加工品作り(漬け物、こんにゃく、ようかん、ジャムなど)

宿泊および調理体験料:6,000円

住所:益田市匹見町澄川イ789

電話・ファックス:0856‐56‐0471

 農家民泊長尾原のへやの画像です

田舎体験

匹見地域では昔ながらの田舎のくらしや文化などが体験できる「田舎体験メニュー」があります。

そば打ち体験

 

 

 

 

 

そば打ち体験の様子

 田舎体験に関することはこちらから

 

 


定住情報誌最新号へ

 

このページのトップへ

もっと匹見に滞在したい方は・・・

◇益田市立田舎暮らし体験施設

田舎暮らしの体験や、農林業またはその他の産業に関する知識や経営ノウハウを習得するために滞在可能な施設として、期限付きのお試し施設「益田市立田舎暮らし体験施設」を開設しました。

田舎暮らし体験施設の画像です

(田舎暮らし体験施設の外観です。)

 

 田舎暮らし体験施設に関することはこちらから

匹見への定住をお考えの方は・・・

◇就業支援

益田市では匹見町外から移住し、農林業の研修を受け、新たに就業しようとする人に、「益田市匹見地域農林業担い手確保育成事業補助金」(毎月上限10万円、最大1年間)を交付し、就業と定住を支援しています。

◇住まい

空き家(※)や公営住宅をご紹介します。

(※空き家の有効活用とU・Iターン希望者の定住促進を図るため、「空き家バンク制度」を創設しています。)

 空き家バンク制度に関することはこちらから  益田市の定住に関することはこちら

匹見への定住、U・Iターンに関する問い合わせ先

益田市匹見総合支所地域づくり推進課

〒698‐1211 島根県益田市匹見町匹見イ1260

Tel:0856‐56‐0305 Fax:0856‐56‐0362

 

定住情報誌最新号へ

このページのトップへ


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)