ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > 新型コロナウイルスなど感染症対策としてのご家庭でのマスク等の捨て方
各種お問い合わせ先等について
特別定額給付金について
交通
寄贈へのお礼とご紹介

新型コロナウイルスなど感染症対策としてのご家庭でのマスク等の捨て方

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月23日更新
 新型コロナウイルスなど感染症に感染した方やその疑いがある方などがご家庭にいらっしゃる場合、鼻水等が付着したマスクやティッシュペーパー等のごみを捨てる際は、以下の「ごみの捨て方」に沿って、「ごみに直接触れない」「ごみ袋はしっかりしばって封をする」「ごみを捨てた後は手を洗う」ことを心がけましょう。

詳しくは、以下をご確認ください。

ごみの捨て方

1.ごみ箱にごみ袋をかぶせます。いっぱいになる前に早めにごみ袋をしばって封をしましょう。

2.マスク等のごみに直接触れることがないよう、しっかりしばります (万一、ごみが袋の外に触れた場合は二重にごみ袋に入れてください)。

3.ごみを捨てた後は石鹸を使って、流水で手をよく洗いましょう。

 

(補足)

・「ごみの捨て方」に沿っていただくことにより、ご家族だけでなく、皆さまが出したごみを扱う市町村の職員や廃棄物処理業者の方にとっても、新型コロナウイルスやインフルエンザウイルスなどの感染症対策として有効です。

・ごみを捨てる際は自治体のルールに従うとともに、ポイ捨ては絶対にやめましょう。使用済みのマスク等のごみを捨てる際も、「ごみの捨て方」を参考に「ごみに直接触れない」「ごみ袋はしっかりしばって封をする」「ごみを捨てた後は手を洗う」ことに注意しましょう。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)