離婚届

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月9日更新

離婚とは、婚姻関係を将来に向かって解消させる行為です。

夫婦が合意し、届出を行うことにより成立する「協議離婚」と、裁判所が関与して成立する「裁判離婚」(調停、審判、和解、認諾、判決離婚)があります。

離婚をすると、筆頭者に戸籍の変動はありませんが、筆頭者ではない方(婚姻の際に氏を改めた方)は、除籍され別の戸籍(もとの戸籍または新しい戸籍)へ移ります。ただし、親権に関係なく子どもの戸籍や氏は変動がありません。(子どもの戸籍や氏を変えるには、別に入籍届が必要です。)

協議離婚の場合

届出人

 夫および妻

 

必要書類

離婚届

・離婚届の用紙は窓口にてお渡しします。

・離婚届の記載例はこちら(離婚届記載例 [PDFファイル/461KB])をご覧ください。

・届出人自署による署名及び証人2名の署名が必要です。同一印は使用しないで下さい。

・「(4)婚姻前の氏にもどる者の本籍」は、夫または妻のうち、筆頭者でない方(婚姻の際に氏を改めた方)が記入して下さい。婚姻中の氏をそのまま名乗りたい場合は「離婚の際に称していた氏を称する届」を合わせて記入していただくこととなります。

※.「離婚の際に称していた氏を称する届」は離婚後3カ月以内に届け出ることが可能です。(離婚届と同時も可)ただし、この届出をすると、その後旧姓に戻したい場合、裁判所の許可がないと出来ませんのでご注意下さい。

 

・住居表示地区(住所が○○町△番□号と表示される地区)に本籍を定める場合、本籍の表示は「○○町△番」となり、□号は入りません。

・離婚届のみでは住所に変動はありません。転出、転居、世帯変更等があれば窓口へおいで下さい。

・「(5)未成年の子の氏名」は、未成年の子どもがいる場合、どちらが親権を行うか必ず記入して下さい。

 

戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)

・本籍地以外の役所に届出をする場合に必要となります。あらかじめ取得し、届書と合わせて提出して下さい。

 

本人確認書類

・窓口に届出をなされる場合、本人確認をいたします。顔写真の入った公的な身分証明証(運転免許証、パスポート等)をお持ち下さい。

・窓口で本人確認が出来なかった方及び宿直窓口に届出をなされた方については、通知を送付いたします。

 

裁判離婚の場合

届出人

 申立人が調停・和解の成立、請求の認諾または審判・判決の確定日から10日以内に届出を行ってください。

 ※ただし、申立人が10日以内に届出をしないときは、相手方からも届出ができます。

 

必要書類

離婚届

・離婚届の用紙は窓口にてお渡しします。

・届出人自署による署名が必要です。※裁判離婚の場合は証人は不要です。

・記載方法は協議離婚の場合を参照してください。詳細については窓口にお問い合わせください。

 

裁判所で交付される書類

 調停の場合・・・調停調書の謄本

 審判の場合・・・審判書の謄本と確定証明書

 和解の場合・・・和解調書の謄本

 認諾の場合・・・認諾調書の謄本

 判決の場合・・・判決書の謄本と確定証明書

 

戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)

・本籍地以外の役所に届出をする場合に必要となります。あらかじめ取得し、届書と合わせて提出して下さい。

 

その他

・離婚後の戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)については記載に時間を要するため、届出日に即日発行は出来ません。記載には3~4日かかりますので、あらかじめご了承下さい。

・夫または妻の直系親族(親や子ども)との養子縁組届をされている場合、離婚届のみでは縁組は継続されます。養子縁組解消の場合には、養子離縁届が必要となります。この場合、養子縁組時の戸籍の状況や現在の戸籍の状況により、戸籍の変動に違いが出てきますので、事前ご相談下さい。

受付場所

窓口(平日8時30分~17時15分)          

 市民課              

 美都総合支所  

 匹見総合支所  

 

宿直窓口(平日時間外、土日祝日)

 市役所東口から入ってすぐ(税務課側入口)

窓口案内メッセージ

ご案内メッセージ

担当窓口

離婚届出後、下記について該当ございましたら担当窓口にて手続きをしてください。

 

窓口案内メッセージ

通知カード

新しい氏名を記載しますので、本人または同一世帯員の方がカードを持ってお越しください。

市民課

1階3番

マイナンバーカード

住基カード

新しい氏名の記載及びICチップ内の情報の書き換えを行いますので、本人または同一世帯員の方がカードを持ってお越しください。その際に4桁の暗証番号(マイナンバーカードの方は住民基本台帳用暗証番号)が必要となります。

転居・世帯合併

転居または世帯合併の手続きをしてください。

印鑑

印鑑登録をされている方で、登録印の印影と氏名が変わった方は印鑑登録が廃止となります。

国民健康保険

国民健康保険に加入されている方は、「被保険者証」の訂正を行いますので手続きをしてください。

保険課

1階5番

国民年金

国民年金加入中の方は、氏名変更等の手続きをしてください。年金受給者の方は年金事務所または共済組合へ氏名変更等の手続きをしてください

保険課

1階6番

後期高齢者医療

「被保険者証」の訂正を行いますので、手続きをしてください。

保険課

1階7番

乳幼児・児童医療

小学生以下のお子様がいらっしゃる方で、「受給資格証」の記載事項に変更のある場合は、手続きをしてください。

児童手当

氏名変更・受給者変更等の手続きをしてください。(公務員の方は職場にて手続きをしてください)

子ども福祉課

EAGA2階

保健センター

児童扶養手当

ひとり親家庭等の方は、必要な手続きをしてください。

介護保険

「被保険者証」の訂正を行いますので、手続きをしてください。

高齢者福祉課

1階 8番

福祉医療

「資格証」または「医療証」の訂正または返還の手続きをしてください。

障がい者福祉課

 別館

福祉事務所1階

障がい者手帳

記載事項に変更がある場合は障がい者手帳の訂正を行いますので、手続きをしてください。

自立支援医療

障害福祉サービス

記載事項に変更がある場合は受給者証の訂正を行いますので、手続きをしてください。

水道

水道の名義人変更等の手続きをしてください。

水道部

分館2階

公共下水道使用料

農業集落排水使用料

下水道の名義人変更等の手続きをしてください。

下水道課

分館2階

面会交流・養育費について

法務省では、養育費と面会交流の取り決め方や、その実現方法について分かりやすく説明したパンフレットを作成し、公開しています。

「子どもの養育に関する合意書作成の手引きとQ&A(法務省)」(外部リンク)


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)