『電力リバースオークション』の試行結果について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年3月16日更新
益田市×エナーバンク

電力契約に係る『リバースオークション』を試行しました!

益田市では、契約の見直し、入札等により、公共施設の電力コストの削減を図っています。
また、COOL CHOICEや施設照明のLED化事業など、温暖化対策の取組みも進めてきています。

この度、令和3年2月1日から2月19日の間で、電力コスト削減と温暖化対策の同時実現を目指す取組みとして、『リバースオークション』の方式による契約の見直しを試行的に実施しましたので、その結果を公表します。

【リバースオークションとは?】
リバースオークションとは、「競り下げ方式」と呼ばれ、参加者が1度だけ条件提示ができる通常の入札による調達方法と異なり、定められた期間内であれば、最低の価格を確認しながら、何度でも条件提示を行うことができるというものです。

リバースオークションの結果

今回の試行条件は、次の通りです。

 

対象契約

市所有の公共施設に係る電力契約で、低圧(動力)電力または従量電灯であるものの内、36件

予定使用電力量:196,363kWh

予定価格:4,977,546円(税抜き)/再エネ賦課金および燃料費調整額を除く。

契約期間令和3年4月1日以後の最初の検針日から令和5年3月31日まで(24か月)
実施方法(株)エナーバンクが運営するサイト「エネオク」を利用
実施時期オークション実施期間は【令和3年2月1日(月曜日)午前9時から令和3年2月19日(金曜日)午後5時まで】とする。
供給条件

・『RE100 TECHNICAL CRITERIA※』の要件を満たす再生可能エネルギー電気を供給することとし、その電気は、再エネ比率100%とすること。

・「市場連動型」の料金体系での供給は不可とする。

その他

契約相手方に選定された小売電気事業者は、(株)エナーバンクに対し、毎月の電気料請求額の中から一定の割合の額を、「手数料」として支払うこと。

(※ http://prod.re100.climategroup.manifesto.sh/sites/re100/files/2020-09/RE100%20Technical%20Criteria.pdf

この条件を踏まえてオークションを実施し、次のような結果を得ることができました。
オークションの結果
以上のように、今回の試行実施においては、十分な効果を得ることができたといえます。

今後は、試行結果を検証しつつ、より効果的な手法を模索し、さらなる温暖化対策の推進と、コスト削減による効率的な行政運営に取り組んでいきます。

試行に協力いただいた事業者

今回の試行では、電力のリバースオークションサービスサイト「エネオク」を運営する、株式会社エナ―バンク(東京都中央区日本橋)にご協力いただきました。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)