「第8回~先輩から後輩に伝え、学ぶ授業~in匹見」を行いました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年1月30日更新
 11月22日(金曜日)に、島根県立中央病院の大谷真紀先生による「第8回~先輩から後輩に伝え、学ぶ授業~in匹見」を匹見小学校および匹見中学校で行いました。
 大谷先生は、匹見小学校、匹見中学校を経て益田高校から自治医科大学医学部に進学し、現在は島根県立中央病院に初期臨床研修医として働かれています。
 「小さかったわたしと今のわたしについて」と題した授業では、先生の生い立ちや医師を目指したきっかけなどの話のほか、診療で使う聴診器や打腱器を用いた体験も行われ、児童生徒は興味深い様子であり、貴重な経験をしました。
 また「匹見から全国へ、世界へ羽ばたくことができる」「誰でも夢をあきらめなければ叶う」というメッセージは、地元の後輩に対する思いがあふれており、児童生徒の心に響くものであったと思います。
 市は、これからも若者が医療を志すきっかけとなる取り組みを行っていきます。
先輩から後輩に伝え、学ぶ授業1
先輩から後輩に伝え、学ぶ授業2

益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)