益田古文書を読む会が『益田古文書を読む会成果報告書1』を刊行され、益田市に寄贈いただきました

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月25日更新
 昭和50年の発足以来、長年にわたって益田の古文書の読解を進めている「益田古文書を読む会」が『益田古文書を読む会成果報告書1』を刊行されました。

 『益田古文書を読む会成果報告書1』には、江戸時代の津和野藩有田村(益田市有田町)の庄屋であった石橋家に伝わる古文書の「亥年御廻状・諸願万控」を活字化したものと、同家出身で戦前から戦後にかけての中国史の研究者であった石橋丑雄博士の人物紹介が収録されています。

 同会が公益財団法人いづも財団の助成金を得て刊行されました。

 寄贈いただいた報告書は、図書館・公民館に配布いたしましたので、ぜひご覧ください。
益田古文書を読む会成果報告書1(表紙)
『益田古文書を読む会成果報告書1』本文
贈呈式の様子1
贈呈式の様子1(左が益田古文書を読む会の青木淳会長、右が益田市教育委員会の柳井秀雄教育長)
贈呈式の様子2

益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)