第52回日本古文書学会大会が益田市で開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月30日更新
 日本最大の古文書研究の団体である、日本古文書学会の第52回大会が、令和元年9月14日・15日・16日と益田市で開催されました。市外・県外から50人ほどの研究者が参加し、中世の益田を全国に発信するまたとない機会になりました。
 島根県の歴史に関する2本の公開講演、新進気鋭の若手研究者による15本の研究報告が行われました。また、益田市内の中世の古文書や史跡等を見学いただきました。
 その様子を紹介いたします。
公開講演の様子(長谷川講演)
長谷川博史氏の講演
仲野講演
仲野義文氏の講演
懇親会
懇親会の様子
研究発表会
研究発表会の様子
古文書見学会
古文書見学会の様子

益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)