乳幼児等医療費助成制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月1日更新

乳幼児等医療費助成制度は、対象者が医療機関等に受診したときに支払う医療費の本人負担額の一部を市と県で助成する制度です。

●令和2年4月受診分から、未就学児の入院・通院の窓口負担が無料になりました!!!

益田市では、未就学児を対象に実施している乳幼児医療費助成事業の拡充を行うこととし、より一層、子育て世代の経済的な負担軽減を図るとともに、乳幼児期の疾患等の早期発見、早期治療により重症化を予防し、健やかな成長の支援をすることとしました。

●乳幼児等医療費受給資格証が新しくなりました!

窓口負担の無料化に伴い、新しい「乳幼児等医療費受給資格証」(薄紫色)になりました。以前の受給資格証(水色)から切り替えてご使用ください。

なお、加入している健康保険等に変更がある場合は、届出をお願いします。 

●対象者

益田市内に住所がある対象年齢のお子さんで、各種医療保険の被保険者・被扶養者の方です。ただし、生活保護を受けている場合は対象となりません。

 

対象年齢区分

(1)0歳~就学前

0歳~6歳になる年度末まで

(2)就学後~20歳未満

6歳になった年度の翌年度から20歳到達の月末まで
慢性腎疾患等特定の疾患群により入院をした場合に限り助成
※所得制限があります。

●助成内容

令和2年4月1日以降

就学前のお子様については、島根県内・県外の一部の医療機関で健康保険証と乳幼児等医療費受給資格証(薄紫色)を併せて提示すると、本人負担額が無料となります。

対象者
区分

助成対象

本人負担上限額

 その他

0歳~就学前

入  院

無 料

・食事療養費標準負担額、病衣料、その他健康保険適用外の費用は、助成対象外となります。

通  院

無 料

・健診、予防接種、診断書料、その他健康保険適用外の費用は、助成対象外となります。

調剤薬局等

無 料

・調剤薬局等とは、調剤薬局・柔道整復施術所・治療用装具製作所・訪問看護ステーションのことです。

・薬の容器代は、助成対象外となります。

就学後

20歳未満

下記疾患に係る入院

15,000円

資格証の交付はありませんので、医療機関でお支払い後、必要書類を添えて助成申請の手続きをしてください。
○申請に必要なもの
・お子さんの健康保険証
・印鑑 
・医療意見書
・領収書
・振込口座のわかるもの
・養育者の所得課税証明(必要な人のみ)

・通院、調剤薬局等は助成対象外です

・慢性腎疾患 ・慢性呼吸器疾患 ・慢性心疾患

・膠原病   ・神経・筋疾患   ・悪性新生物

・内分泌疾患 ・糖尿病   ・先天性代謝異常

・血液疾患  ・免疫疾患  ・慢性消化器疾患

・染色体または遺伝子に変化を伴う症候群

・皮膚疾患  ・骨系統疾患 ・脈管系疾患

※自立支援医療・難病の患者に対する医療等に関する法律にかかる医療費助成制度等に該当される場合は、これらの助成を受けた後、残りの本人負担額について助成します。

令和2年3月31日まで

島根県内の医療機関で健康保険証と乳幼児等医療費受給資格証(水色)を併せて提示すると、本人負担額が総医療費の1割となります。 ただし、下記の表のとおり1月・1医療機関(医科・歯科別)あたりの本人負担額に上限があります。

対象者
区分

助成対象

本人負担上限額

 その他

0歳~就学前

入 院

2,000円

薬局等では本人負担なし

※薬局等とは、薬局・柔道整復施術所・治療用装具製作所・訪問看護ステーション他

通 院

1,000円

就学後

20歳未満

下記疾患に係る入院

15,000円

資格証の交付はありませんので、医療機関でお支払い後、必要書類を添えて助成申請の手続きをしてください。
○申請に必要なもの
・お子さんの健康保険証
・印鑑 
・医療意見書
・領収書
・振込口座のわかるもの
・養育者の所得課税証明(必要な人のみ)

・通院、調剤薬局等は助成対象外です

・慢性腎疾患 ・慢性呼吸器疾患 ・慢性心疾患

・膠原病   ・神経・筋疾患   ・悪性新生物

・内分泌疾患 ・糖尿病   ・先天性代謝異常

・血液疾患  ・免疫疾患  ・慢性消化器疾患

・染色体または遺伝子に変化を伴う症候群

・皮膚疾患  ・骨系統疾患 ・脈管系疾患

※自立支援医療・難病の患者に対する医療等に関する法律にかかる医療費助成制度等に該当される場合は、そちらを優先とします。これらの助成を受けた後の本人負担額が、乳幼児等医療費助成制度の負担額を超えているときに助成します。

※予防注射料、薬の容器代、入院時の部屋代(差額ベット代)、病衣代、文書料等保険適用外の負担額や入院時の食事代は助成対象外です。

●資格証の交付申請に必要なもの

対象者

申請に必要なもの

 0歳~就学前

お子さんの健康保険証

印鑑

●市より医療費の払戻しを受ける場合

乳幼児等医療費助成申請をされると、負担された医療費のうちの助成額分を支給します。

○ 県外の医療機関等で受診し、2割負担したとき

(鳥取県・山口県・広島県の一部の医療機関・調剤薬局では、乳幼児等医療費受給資格証が使用できます。)

○ 乳幼児等医療費受給資格証を医療機関に提示し忘れ、乳幼児医療の適用を受けられなかったとき

○ 治療用装具(小児弱視の治療用眼鏡、コルセットなど)を作成したとき

申請手続きには、下記のものが必要です。

 ・領収書(金額、医療点数、受診者の氏名、病院名等が記載してあり、押印のあるもの)

 ・印かん(認めで可)  ・口座振込のための通帳  ・乳幼児等医療費受給資格証  ・健康保険証

 ※ 治療用装具の助成申請の場合は、診断書・証明書・領収書とご加入の健康保険からの療養費支給決定通知が必要 です。

●つぎのようなときには届出が必要です。資格証・お子さんの健康保険証・印鑑等をお持ちください。

○健康保険や共済組合などから高額療養費もしくは付加給付金を受けられるとき

○住所・氏名・保険証など資格証の記載内容が変わったとき

○転出・死亡等により資格がなくなったとき

○交通事故等にあったとき

●高額療養費受領委任のお願いについて

入院等で医療費が高額となる場合は、ご加入の健康保険組合等から「限度額適用認定証」の交付を受け、乳幼児等医療費受給資格証と一緒に医療機関に提示してください。「限度額適用認定証」の提示がなく、高額療養費に該当すると見込まれる場合は、健康保険組合等への高額療養費請求のために必要な書類の提出をお願いすることがあります。

  

  ●申請・届出・問合せ先

  益田市役所  保険課    0856-31-0215

  美都総合支所         0856-52-2312

  匹見総合支所         0856-56-0302


益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)