出産をしたとき

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月1日更新

国民年金保険料の産前産後期間の免除制度とは

国民年金第1号被保険者が出産を行った際に、出産前後の一定期間の国民年金保険料が免除される制度が平成31年4月から始まりました。

 

国民年金保険料が免除される期間

出産予定日または出産日が属する月の前月から4ヶ月間の国民年金保険料が免除されます。

なお、多胎妊娠の場合は、出産予定日または出産日が属する月の3ヶ月前から6ヶ月の国民年金保険料が免除されます。

※出産とは、妊娠85日(4ヶ月)以上の出産をいいます。(死産、流産、早産された方を含みます。)

 

対象となる方

国民年金第1号被保険者で出産日が平成31年2月1日以降の方

 

施行日

平成31年4月1日

 

届出方法

出産予定日の6ヶ月前から提出可能です。すみやかに提出してください。

※ただし、提出ができるのは平成31年4月からです。

 

手続きに必要なもの

・年金手帳(または基礎年金番号通知書)

・印鑑

・母子健康手帳(出産日または出産予定日が書いてあるもの)

 


益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)