『社会資本総合整備計画(常盤地区における防災のまちづくり)事後評価書』を公表いたします

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月11日更新
『社会資本整備総合交付金』は地方自治体が作成した社会資本総合整備計画に基づいて実施される事業に対して、国土交通省が交付金を交付する制度です。

常盤地区では、現在でも老朽化した木造建築物が密集し、狭隘な道路も多く、避難路・避難地等の防災施設の整備が十分でないことから、地域防災計画で指定避難所に位置付けられている吉田南小学校の周囲における防災公園の整備を行い、防災性と安全性の向上を図ることを目的とし、交付金を活用し整備を行いました。

この計画に伴う、事後評価書を公表します。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)