老朽化に伴う学校のトイレ改修計画を策定しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年2月28日更新
 学校施設は、児童・生徒の「学びの場」であるとともに1日の約3分の1を過ごす生活の場でもあります。この学校施設の中で、老朽化が著しい学校のトイレ設備について、臭気等の衛星面にかかる問題や生活環境の変化による洋便器化への対応が課題となっています。
これらの問題を解消するべく、改修にかかる整備水準を定め、衛生面や機能面に配慮した整備を計画的に行うべく「学校トイレ改修計画」を策定いたしました。
この計画に基づき、学校トイレの改修を財政面にも考慮して年次的に行い、安全・安心でより良い教育環境の整備に努めてまいります。

改修にあたっての基本的な考え方

 トイレの改修にあたっては、次の基本的な考え方をもとに整備水準を定め、改修に対応していくこととしています。

(1)現在の生活様式に適応した洋便器化

(2)臭気等に対応するため衛生面等を考慮した乾式床への改修

(3)老朽化により劣悪環境にあるパーテーション(間仕切り)の改修

トイレ改修計画の概要

 トイレの改修計画の概要については、次のとおりとしています。

(1)老朽化が著しい小学校を優先的に改修する。改修規模については、年度内1校につき低学年の1フロア(男女とも)を中心に2~3校ずつ改修していく。

(2)計画期間については、令和2年度から令和6年度までの当面5年間とする。以降改修状況等を踏まえ、全校完了まで当該期間ごとに計画策定し、公表する。

(3)この計画は、次年度策定を予定している学校施設の長寿命化計画(個別施設計画)に引き継ぐ計画として位置付ける。

トイレ改修対象校

(小学校)・・高津小学校、吉田小学校、吉田南小学校、安田小学校、鎌手小学校、西益田小学校、戸田小学校(教室棟のみ)、東仙道小学校、都茂小学校、匹見小学校

(中学校)・・益田中学校、高津中学校、東陽中学校、横田中学校、小野中学校、中西中学校、美都中学校、匹見中学校

※益田市学校施設整備計画により耐震化に伴う改築を予定する学校については、本計画の対象外とする。

 

学校トイレ改修計画(令和元年12月策定)

 令和2年度・・吉田小学校(1期)、高津小学校(1期)、東仙道小学校(1期)

 令和3年度・・高津小学校(2期)、西益田小学校(1期)、都茂小学校(1期)

 令和4年度・・吉田小学校(2期)、匹見小学校(1期)

 令和5年度・・西益田小学校(2期)、安田小学校(1期)

 令和6年度・・吉田南小学校(1期)、鎌手小学校(1期)、匹見小学校(2期)

  【特記事項】

  (1)あくまで当面5年間の計画であり、状況に応じて事業年度の前倒し等も考えられる。

  (2)小学校全校が完了したのちに中学校のトイレ改修を行うものとする。

  


益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)