ボランティア・ルポ<平成27年度>

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月1日更新

11月6~8日 わがまち自慢フェア・表匹見峡ふれあいロード・匹見峡紅葉ロードレース

11月は紅葉の季節。匹見町でもイベントが目白押しです。

特に11月7日は「表匹見峡ふれあいロード」、翌8日には「第20回匹見峡紅葉ロードレース」と、昨年まで益田駅前ビル「イーガ」で開催されていた「わがまち自慢フェア」が今年は匹見峡温泉駐車場で開催されることとなり、イベントウィークとなりました。

そこで、「表匹見峡ふれあいロード」及び「わがまち自慢フェア」各実行委員と、ロードレースにて豚汁提供をされる(株)萩の会より、それぞれボランティア要請があり、2名のボランティアの方に来ていただきました。

また、研修の一環として県職員の方に、準備から片付けまで3日間にわたりお手伝いいただきました。

6日は「わがまち自慢フェア」の事前準備で、テント張りやゴザ敷きなどの会場設営のお手伝い。7日はふれあいロードの受付対応やノルディックウォーク体験会の対応、8日は「匹見峡紅葉ロードレース」での参加者への豚汁の提供と、「わがまち自慢フェア」での運営、物販などを主にお手伝いいただきました。

慌ただしい3日間でしたが、ボランティアの皆さんには、地元の方々と一緒にイベントを盛り上げていただきました。

ご参加の皆さん、ありがとうございました。

【6日 準備】

6日準備1  6日準備(2)  

【7日 表匹見峡ふれあいロード】

7日ようす(1)   7日ようす(2) 

【8日 わがまち自慢フェア ・ 匹見峡紅葉ロードレース】

8日ようす(1)  8日ようす(2) 8日ようす(3)

7月19日 矢尾集落草刈り作業

矢尾集落では、草刈り作業でのボランティアさんの受入れが今年で7回目となりました。今年は県内から3名の方にボランティアとしてご参加いただきました。

7世帯12人の矢尾集落は、匹見町の中でも小規模高齢化集落の一つです。

普段なかなか人が入らないため、大変な草刈り作業を手伝ってもらえるというのはもとより、草刈りの日に集落外の人に来てもらって交流できることを、集落の皆さんはとても楽しみにしておられるようです。

例年同様、午前中に市道の草刈りをした後、午後からは昼食を挟んでの交流会。

最後には「また来年も同じ顔で会いましょうね」と約束して、集落のささやかながらにぎやかな一日が終わりました。

ご参加の皆さん、ありがとうございました。

草刈のようす  交流会のようす  

7月5日 萩原集落草刈りのお手伝い

草刈りボランティア第2弾は、萩原集落です。

昨年に引き続いてボランティアを受け入れての集落市道の草刈り作業が行われました。

今年は益田地域を中心に3名の方に参加していただきました。

(株)萩の会を運営するなど、様々な活動をされている萩原集落ですが、他地域と同様ご高齢の方が多く、草刈りは大変な作業です。

午前中、市道や、クマやイノシシが里に侵入しないように設置されている電気牧柵の下草刈りなどが行われました。

作業後、ボランティアの方も一緒に昼食を挟んだ交流会が地域の集会所で行われました。昨年に引き続いて参加されたボランティアの方もおられ、再会を喜んで交流会も盛り上がりました。

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

草刈のようす(1)  電気牧柵草刈のようす(2) 萩原公会堂での交流会 

6月7日 電気牧柵の下草刈り・点検作業

6月7日、石組集落で電気牧柵の下草刈りと点検作業があり、2名のボランティアの方にお手伝いいただきました。

里へ下りてくるクマやサルの侵入を防ぐために設置されている電気牧柵ですが、定期的に管理、点検しなければ通電しなかったり、切れていたりと効果がなくなってしまいます。

集落内の3km分を年に1度、住民総出で草刈り、点検、補修をしますが、集落から少し上がった山の斜面に設置され、そこでの作業はなかなかハードです。

当日は下草刈りに始まり、途中昼食を挟んで、午後からは柵の通電チェックや倒木などで切れた線の補修作業など、1日掛かりの作業となりました。

地元の方は、「ボランティアの方に来てもらい、大変助かりました」と喜んでおられました。

またお手伝いいただいたボランティアの方も、「大変な作業だと感じた」とおっしゃっていました。ご参加の皆さん、ありがとうございました。

作業のようす(1) 作業のようす(2)

5月3日・4日 匹見峡春祭り 出店のお手伝い

匹見町の主なイベントの一つ、「匹見峡春祭り」に出店する2団体のお手伝いに、県立大学浜田キャンパスの大学生2名の方がボランティアに来てくださいました。

両日はあいにくの雨模様でしたが、お客さんの数もまずまず。ボランティアのお二人には、若いパワーで地域の皆さんと一緒に祭りを盛り上げていただきました。ありがとうございました。

JAしまね農青連匹見支部の出店

農青連さんは初日のみの出店ですが、人手不足の解消と農業への理解を目的に毎年ボランティアの募集をされました。

今年は1名の方に、接客・販売のお手伝いをしていただきました。

農青連さんのメイン商品は「牛の丸焼き」!牛ブロック肉を炭火でまるごと焼くのですが、ローストビーフ状態でとっても美味しい人気商品です。

農青連(1)  農青連(2)

(株)萩の会の出店

こちらも春祭りに毎年出店される団体です。コミュニティ・ビジネスを展開されている萩の会の皆さんですが、高齢化による人手不足を解消するために、毎年ボランティア要請をされています。

うどんや萩の会独自商品であるブルーベリージャムなどの加工品の販売、接客のお手伝いに、3日・4日各日にボランティアの方1名ずつ来ていただきました。

萩原ボランティア(3)  萩の会ボランティア(1)  萩の会ボランティア(2)

4月5日 稲の種籾まき作業

今年度最初のボランティアは、4月5日、匹見町道川の日の里集落で行われた稲の種籾作業です。

2名のボランティアの方に参加していただきました。ありがとうございました。

依頼主の農事組合法人「みちかわ」は、同集落を拠点に近隣集落の耕作不能になった農地も借り受けながら、水稲生産を中心に行っている法人です。

たくさんの農地を耕作しているということもあり、法人だけでは作業が大変だったということで、昨年からボランティアの方々に来ていただいています。

当日はあまり良いお天気ではありませんでしたが、籾を撒いた苗箱を運ぶ作業もスムーズにいき、地域の皆さんも大変喜んでおられました。

4月5日ボランティア

 


 

※様々なボランティア制度に関する情報や過去の活動の様子は下記のブログでも紹介されています。

匹見町へ行こう!(新規ウィンドウで外部リンクが開きます。)


益田市役所本庁
〒698-8650 島根県益田市常盤町1-1(地図・アクセス
Tel:0856-31-0100(代表) 電話番号等のご案内[本庁/美都総合支所/匹見総合支所]
開庁時間:月曜~金曜日の8時30分から17時15分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始は閉庁)