特産品

更新日:2022年01月14日

メロン

 益田市の特産品の代表的な存在で、6月には糖度14度以上の甘いアムスメロン、7月と10月には薫り高く美しい網目のアールスメロンが出荷されます。

  • JA西いわみ営農センター
  • 0856-23-1911
アムスメロンの写真

トマト

 太陽の恵みをたっぷり受け、つやがあり形もよく熟しても果実はしっかりしたみずみずしいトマトです。熟しても実が締まって果肉のくずれない「桃太郎」が特産品です。

  • JA西いわみ営農センター
  • 0856-23-1911
トマトの写真

西条柿

 大黒様の打出の小槌によく似た特徴的な形をしています。柿の中でもとびっきりの甘さで、その肉質はとても上品で緻密です。硬すぎず、柔らかすぎず絶妙の食感が味わえます。
 旬は10月下旬~11月中旬ごろです。

  • JA西いわみ営農センター
  • 0856-23-1911
西条柿の写真

まろ柿

 西条柿を乾燥させたまろ柿は、従来の干し柿に比べて、柔らかく鮮やかなオレンジ色をしていて、まろやかな甘さで上品な味わいが楽しめます。益田市にゆかりの深い柿本人麿の「麿」とまろやかの「まろ」から「まろ柿」と名付けました。
 旬は11月中旬~1月下旬です。

  • JA西いわみ営農センター
  • 0856-23-1911
まろ柿の写真

ゆず

 美都のゆずは、晩秋に鮮やかな黄色となり、ほんのりとした芳香を放ちます。絞りたてはフレッシュでさわやかな酸味と香りを放ち、料理の隠れた名脇役です。また、ジュース、ドレッシング、石けんなど多くの品に利用されています。
 旬は8月下旬から1月上旬ごろです。

  • JA西いわみ営農センター
  • 0856-23-1911
柚子の木の写真

デラウェア

 太陽の恵みをたっぷり受けたデラウェアは、小さな粒にほとばしる果汁を含み、最高の甘さで種がなく食べやすいぶどうです。
 旬は4月末~8月初旬ごろです。

  • JA西いわみ営農センター
  • 0856-23-1911
デラウェアの写真

巨峰

 広大な開発農地で生産され、濃い紫黒色の大粒でみずみずしく、風味豊かで甘く食べ応え十分のぶどうです。
 旬は5月末~8月初旬ごろです。

  • JA西いわみ営農センター
  • 0856-23-1911
巨峰の写真

いちご

 美都いちごは、完熟したものだけを、一粒一粒丁寧に収穫しています。みずみずしい果肉といちご本来のほどよい甘酸っぱさが特徴です。
 旬は2月中旬~5月下旬ごろです。

  • JA西いわみ営農センター
  • 0856-23-1911

わさび

 匹見地域では、清らかな水と広葉樹がもたらす自然の恵みを受け、古くから「わさび谷」でわさび栽培が行われています。本物のわさびを是非お召し上がりください。
 わさびの葉茎の醤油漬も大変人気です。通年お召し上がりいただけます。

  • JA西いわみ営農センター
  • 0856-23-1911
わさびの写真

西いわみヘルシー元気米

農薬や化学肥料の使用量を通常の半分以下に抑えた人と環境にやさしいお米です。台湾へも輸出され、大変な人気となっています。

  • JA西いわみ営農センター
  • 0856-23-1911

 清流日本一に選ばれた高津川の鮎は、美しくつややかで、清流の石についた良質のコケを食べているため、自然で上品な風味と香り高い逸品です。うるか(鮎のはらわた)は酒の肴としても珍重されています。
 6月1日~10月10日の間、お召し上がりいただけます。

  • 高津川漁業協同組合
  • 0856-25-2911
鮎の写真

もくずがに(ツガニ)

 清流に生息する淡水のカニです。はさみの部分の毛がもくず(藻屑)に似ていることから「もくずがに」と呼ばれます。海のカニにはない濃厚な味が楽しめます。
 8月1日~10月1日の間、お召し上がりいただけます。

  • 高津川漁業協同組合
  • 0856-25-2911
もずくがにの写真

はまぐり

 清流日本一の高津川と日本海が交わる限られた海域のみに生息します。森から川を通じて運ばれるミネラル分をたっぷり含む汽水(淡水と海水が混じりあった水)で育つため、9センチメートル前後の大型で歯ごたえ十分です。益田の大ハマグリは「鴨島はまぐり」と名付けられています。
 旬は4月中旬~10月中旬ごろです。

  • 漁業協同組合JFしまね益田支所
  • 0856-23-0690
はまぐりの写真

さざえ・あわび

 日本海の荒波にもまれて育った海産物は、身が引き締まり旨みが凝縮されています. さざえは歯ごたえが良く、つぼ焼きや刺身などに美味しくいただけます。あわびはコリコリして絶妙の甘みが特徴の贅沢な逸品です。
 旬は12月から4月、7月から9月の間です。

  • 漁業協同組合JFしまね益田支所
  • 0856-23-0690

葡萄ジャム(益田ブランド認定品)

 添加物を一切使用せず、果物そのものの食感、香り、色を生かした安全でおいしいジャム(コンフィチュール)です。益田市特有のお土産やギフト(引出物)として、大変人気です。

  • 田中ぶどう園モヌッカ
  • 0856-23-6530
葡萄ジャムの写真

本格焼酎わさび25°(益田ブランド認定品)

 日本一の清流高津川の支流「匹見川」上流で生産されるワサビを使用したとても珍しい本格焼酎です。食前酒として、また中華など味の濃い料理に合います。

  • 株式会社岡田屋本店
  • 0856-22-0127
本格焼酎わさび25°の写真

ゆずっこ(益田ブランド認定品)

 益田市美都町で収穫された天然のユズとハチミツを使用した「ゆずドリンク」です。のどごしの良さと、後口の良さにこだわりました。

  • 株式会社 みと
  • 0856-52-2088
ゆずっこの写真

ブルーベリージャム(益田ブランド認定品)

 匹見地方は広葉樹林に囲まれ、空気と水の良さは天下一品です。その地で完全無農薬で育ったブルーベリーを100%使用、添加物を一切加えず煮つめたこだわりのブルーベリージャムです。

  • 株式会社 萩の会
  • 0856-56-0131
ブルーベリージャムの写真

みと60山里茶(益田ブランド認定品)

 「みと60山里茶」の材料は、地域の美しい自然の中で生育した7種類と、農薬や化学肥料を使用せずに栽培収穫した3種類をブレンドしたものです。温かくしても冷たくしても美味しく、安心・安全を配慮し、地産地消を考慮した健康自然茶です。

  • みと60
  • 0856-52-2431
みと60山里茶の写真

マルシンのだしの花(益田ブランド認定品)

 「私たちの醤油造りは土作りから始まる。」原料の小麦や大豆を大切に自社栽培しての醤油造りです。利尻昆布、枕崎の鰹節、瀬戸内海大島のいりこから独自の方法で出し汁を取り出したこだわりの「だし醤油」です。

  • 丸新醤油醸造元
  • 0856-28-0115
マルシンのだしの花の写真

マルシンのだしぽん(益田ブランド認定品)

 「食の安心と安全」を求めて、原料の小麦・大豆を益田市喜阿弥町で自社栽培しており、そのような醤油造りは全国でもほとんど例がありません。独自の煮だし汁を取り込んだ「だし醤油」と益田市美都産のゆず果汁をたっぷりと加えた出汁入りぽん酢です。

  • 丸新醤油醸造元
  • 0856-28-0115
マルシンのだしぽんの写真

苺ジャム(ミックス)(益田ブランド認定品)

 美都町産の美都いちご(とよのか、さちのか、紅ほっぺ)をグラニュー糖・レモン果汁・りんごで煮込んだ無添加の苺ジャムです。2種類以上の苺を煮こみ、色、香り、苺の形や食感を残したこだわりのジャムは、酸味と甘味のバランスが絶妙で大変おいしいです。

  • 美都ジャム工房
  • 0856-52-3373
苺ジャムの写真

柚子マーマレード(ミックス)(益田ブランド認定品)

 美都町特産の柚子を使った柚子マーマレードは、柚子皮と柚子酢、グラニュー糖とりんごで煮込んだ無添加のマーマレードです。柚子の苦味と柚子皮の食感も残した、淡いクリーム色で柚子の香りを詰めた甘さ控えめの上品な味のマーマレードです。

  • 美都ジャム工房
  • 0856-52-3373
柚子マーマレードの写真

宗味(そうみ) 画聖 本醸造酒(益田ブランド認定品)

 益田市に数々の作品を残した画聖「雪舟」にちなんで命名した「画聖 本醸造酒」です。蔵の地下からの湧水と益田市匹見町産の五百万石(合鴨農法米)を100%使用し、石見杜氏の技術で醸されたお酒は、控えめな香りとさらりとした飲み口ですっきりとしています。

  • 株式会社右田本店
  • 0856-23-0028
宗味 画聖 本醸造酒の写真

宗味 歌聖 純米酒(益田ブランド認定品)

 益田市ゆかりの万葉歌人柿本人麿にちなんで命名した「歌聖 特別純米酒」です。蔵の地下からの湧水と、地元産の佐香錦米を100%使用し、石見杜氏の技術で醸されたお酒は、穏やかな香りと旨みが味わえます。

  • 株式会社右田本店
  • 0856-23-0028
宗味 歌聖 純米酒の写真

真砂の豆腐(まさごのとうふ)(益田ブランド認定品)

 益田、広くは石見産の大豆、日晩山の伏流水、ナチュラルなにがりを使用し、手間隙かけて作った豆腐です。豆乳は昔ながらの平釜を使い煮炊きしています。児大豆の風味をしっかりとご賞味ください。

  • 有限会社 真砂
  • 0856-26-0775
真砂の豆腐の写真

ゆずらーめん(益田ブランド認定品)

 中国地方第一位の生産量を誇る益田産の柚子を、地元JA西いわみ特別栽培米「ヘルシー元気米」で作った独特の食感を持つ米麺に練りこみました。さっぱりとした薄塩味のスープにも柚子果汁をたっぷりと配合した、健康志向の爽やかなラーメンです。

  • 株式会社エイト
  • 0856-52-2212
ゆずラーメンの写真

鶏卵饅頭(けいらんまんじゅう)(益田ブランド認定品)

 独自の製法により、創業以来の素朴な味と形をそのままに。。。甘さ控えめー自家製代餡との絶妙のハーモニーをお楽しみください。

  • 有限会社 鶏卵堂
  • 0856-22-0794
鶏卵饅頭の写真

この記事に関するお問い合わせ先

産業経済部 観光交流課
〒698-0024 島根県益田市駅前町17番1号 益田駅前ビルEAGA3階
電話番号:0856-31-0331
ファックス:0856-23-4655

お問い合わせフォーム

みなさまのご意見をお聞かせください(観光交流課)
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか